古事記 日本書紀 万葉集

古事記 日本書紀 万葉集

脇本遺跡!泊瀬朝倉宮跡の春日神社

桜井市脇本に鎮座する春日神社。 雄略天皇の泊瀬朝倉宮跡とされる境内に、奈良県指定文化財の本殿が残されていました。三間社春日造の本殿は1603年に建立された由緒ある建物です。 脇本に鎮まる春日神社本殿。 奥まった場所...
古事記 日本書紀 万葉集

持統天皇ゆかりの桜!万葉文化館

万葉文化館に「持統天皇ゆかりの桜」が咲いていました。 694年の藤原京で知られる女帝ですが、万葉文化館の前庭にその名を冠する桜が植樹されています。 ゆかりの桜から万葉文化館を望みます。 突き出たエントランスが目印で...
古事記 日本書紀 万葉集

聖林寺の万葉歌碑!椋橋の山を高みか

多武峯街道のモデルコースとして聖林寺は外せません。 和辻哲郎が「古寺巡礼」の中で絶賛した、国宝の十一面観音立像が安置されるお寺です。 聖林寺の石仏。 JR桜井駅から多武峯街道を南へ2km弱進んで行くと、談山神社一の...
古事記 日本書紀 万葉集

宇陀市の八咫烏神社!神武天皇を先導

神武伝承の八咫烏(やたがらす)神社をご案内します。 奈良県宇陀市榛原区高塚に鎮座する八咫烏神社。日本サッカー界にとっても縁の深い神社です。 境内に置かれている八咫烏像。 サッカーボールを頭の上に乗せてヘディングして...
古事記 日本書紀 万葉集

十二柱神社の力士像!相撲の始祖・野見宿禰

伊勢街道沿いの出雲に鎮座する十二柱神社。 狛犬の台座に目をやると、相撲取りの人形が片方4人ずつで支えています! 健気に重い狛犬を支えていますね。 なぜ相撲取りなのか? そう、ここ十二柱神社は相撲の始祖と言われ...
古事記 日本書紀 万葉集

天理市の渟名城入姫神社!大和神社摂社

第10代崇神天皇の皇女・渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)。 同床共殿ゆかりの皇族ですね。アマテラスに付けた豊鍬入姫に対し、ヤマトオオクニタマに付けた神様として知られます。上ツ道沿いの天理市岸田町に鎮座していました。 ...
古事記 日本書紀 万葉集

笠縫邑伝承!田原本町秦庄の笠縫神社

倭笠縫邑(やまとかさぬいむら)の伝承地を訪れました。 笠縫邑と言えば、三輪山麓の桧原神社をまず思い浮かべます。崇神天皇の御代、宮中に奉祀していた天照大神を移す必要性が生じ、豊鍬入姫命に託して祀らせた場所です。奈良県内には複数の伝承地が...
古事記 日本書紀 万葉集

田原本町多の小杜神社

多神社の南に小杜(こもり)神社というお社があります。 朱色の祠があるだけですが、周囲は鎮守の森にふさわしい雰囲気でした。多神社は何度か訪れていたのですが、小杜神社にお参りするのは今回が初めてでした。 小杜神社本殿。 ...
古事記 日本書紀 万葉集

桜井市箸中の国津神社

太陽の道沿いにある國津神社。 元伊勢・桧原神社から西へ下り、箸中の集落にある国津神社を訪れました。境内には春の花々が咲き誇り、華やかな雰囲気に包まれていました。 国津神社拝殿と山車庫。 花壇には「ささゆりの会」と記...
古事記 日本書紀 万葉集

6月開花の三宅町あざさ!太子道の万葉歌碑

聖徳太子が飛鳥と斑鳩の間を往復した筋違道(太子道)。 近鉄田原本線の黒田駅から北へしばらく進むと、左手に三宅の原を詠んだ万葉歌碑が建っています。山の辺の道の万葉歌碑には普段から慣れ親しんでいますが、別の場所で万葉歌碑に出会うことはそう...
スポンサーリンク