古事記 日本書紀 万葉集

古事記 日本書紀 万葉集

石上神宮の鶏!天照大神を想う

神様の使いをこの目で見ることができます。 パワースポット石上神宮では、神の使いである鶏があちこちで動き回っています。 樹上に佇む石上神宮の鶏。 奈良県では動物たちが神の使いとして崇められています。
古事記 日本書紀 万葉集

近鉄新庄駅前!柿本神社の案内板

2014年6月に訪れた近鉄御所線新庄駅。 駅を降り立ち、線路の東側へ出ると「ようこそ葛城市へ」と題する観光案内板が立っていました。 飯豊天皇埴口丘陵(いいとよてんのう はにくちのおかのみささぎ)と柿本神社。 駅前に...
古事記 日本書紀 万葉集

黒髪山稲荷神社!奈良阪町に残る龍神信仰

奈良豆比古神社から南西へ向かいます。 龍神信仰の名残が感じられる黒髪山稲荷神社が鎮座していました。 黒髪山という名前から、何やら女性の怨念のようなものが見え隠れしますが、思った通りその類の逸話も残されているようです。 ...
古事記 日本書紀 万葉集

多神社の太安万侶!スピリチュアルな太陽の道

田原本町多に鎮座する多神社。 古事記編纂で有名な太安万侶を祀る神社です。 多神社拝殿。 多神社のことを太神社と記した文献も残されていることから、太安万侶の「太」はどうやら多神社の「多」と通じているのではないでしょう...
古事記 日本書紀 万葉集

パワースポット等彌神社!超能力捜査官も訪れた聖地

FBI超能力捜査官のジョー・マクモニーグル氏も訪れたという桜井市のパワースポット。 等彌神社は神武天皇の金鵄・八咫烏伝説に彩られた紅葉の名所です。 神武天皇の大和平定に貢献したと伝わる金色の鵄(とび)が描かれていますね。...
古事記 日本書紀 万葉集

天鈿女命の絵!等彌神社社務所

紅葉ライトアップで賑わう等彌神社。 社務所の中では、「神之森アート展」と題するイベントが開かれていました。 当館大正楼からも車で10分足らずでアクセスできる等彌神社。昨晩もマイクロバスでご来館頂いた団体客様に紅葉ライトアップのこ...
古事記 日本書紀 万葉集

黄泉の意味!黄色い泉の理由を山の辺の道に探る

山の辺の道を歩いていると、玄賓庵の北のせせらぎに高市皇子の万葉歌碑が建てられていました。 高市皇子の万葉歌碑の傍に山清水が流れます。 山吹の 立ちしげみたる 山清水(やましみず) 酌(く)みに行かめど 道の知らなく ...
古事記 日本書紀 万葉集

飛鳥川の飛び石!恋情映す万葉歌碑

飛鳥川の飛び石。 明日香村稲渕の勧請橋より少し上流に、万葉集にも詠まれた飛び石はあります。 飛鳥には古代の石造物がたくさん残されています。 この飛び石もその一つと言っていいでしょうか。
古事記 日本書紀 万葉集

額田王の万葉歌碑!近江遷都の寂しさ

山の辺の道の途上にある額田王の万葉歌碑。 飛鳥から近江への遷都の際、大和の地を離れる寂しさを詠った歌として知られます。 山の辺の道に建つ額田王の万葉歌碑。 三輪山を しかも隠すか 雲だにも 心あらなも...
古事記 日本書紀 万葉集

桧原神社休憩処!鏡女王の万葉歌

山の辺の道を散策中、桧原神社の鳥居西側にある休憩処で一服することにしました。 店内に入ると、藤原鎌足の正妻として知られる鏡王女の万葉歌が掲げられていました。山の辺の道沿いにはたくさんの万葉歌碑が建っていますが、店内の壁に掛けられている...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました