大正楼料理

大正楼料理

ヨコスジフエダイの巻き寿司

石上神宮の結婚式に、白身の魚であるタルミの巻き寿司をお出ししました。 炊きあがった黒米に寿司酢を散らし、古都奈良らしい巻き寿司でおもてなし致します。 先付けにお出ししたタルミの巻き寿司。 タルミの正式名称は横筋笛鯛...
大正楼料理

イトヒキアジの塩焼き

秋に旬を迎えるイトヒキアジの幼魚。 秋の宿泊キャンペーンでお泊り頂いたお客様に、イトヒキアジの焼魚をお出ししました。 糸引鯵(いとひきあじ)。 名は体を表すと申しますか、見た目そのままのネーミングが印象的なイトヒキ...
大正楼料理

ブダイの煮付け!赤みを帯びる雌

早割プランのお客様がご到着になられる日。 伊豆地方ではおなじみのブダイ(舞鯛)が入荷しました。海藻を食べる冬には一段と美味しくなるブダイですが、ご宿泊当日の夕食に煮付け料理にしてお出し致しました。 スズキ目ベラ亜目ブダイ...
大正楼料理

カメノテ!甲殻類の食べ方

ご宿泊のお客様に亀の手をお出ししました。 亀の手って何? カメノテ(亀の手)。 確かに亀の手を連想させる形状をしています。見た目はグロテスクですが、とても美味しい食材です。
大正楼料理

シロカサゴの姿造り!刺身も絶品

深海魚のシロカサゴを姿造りにしてみました。 20cmほどの小魚ですので、本来は舟盛りには向きません。煮付けや唐揚げ、味噌汁の具材などに使われる魚です。水揚げされてから24時間以内の鮮魚ということもあり、お刺身で頂くことにしました。 ...
大正楼料理

アオダイ属のウメイロ

アオダイも高級魚ですが、それに輪をかけてラグジュアリーな魚です。 背中から尾びれにかけて黄色い帯を持つウメイロ(梅色)。 一大ファミリーを形成するスズキ目の仲間です。フエダイ科アオダイ属に入り、高知や長崎、小笠原諸島などの暖かい...
大正楼料理

マトウダイ目のカガミダイ!窪むおでこ

マトウダイ目に属するカガミダイ(鏡鯛)が入荷しました。 体表に“的(まと)”を思わせる黒斑があり、見た目はマトウダイとよく似ています。マトウダイとカガミダイの見分け方ですが、頭部の背面、おでこの辺りを見ると比較的その違いが分かります。...
大正楼料理

黄色い鰭のキビレ

黄色い鰭(ひれ)を持つキビレが入荷しました。 チヌ(黒鯛)とよく似ていますが、見た目も少し異なる魚です。分類上はタイ科ヘダイ亜科クロダイ属に入るようです。 キビレ。 腹びれや尻びれ、さらには尾びれが黄色いっぽいです...
大正楼料理

大和真菜とカボチャの鶏肉巻き

おせち料理に奈良伝統野菜の大和真菜を使ってみました。 肉料理の脇役ではありますが、十分にその役目を果たしています。さすがに大和マナ、奈良県民にとっては心強い食材です。 大和真菜とカボチャの鶏肉巻き。 鶏肉はこれまた...
大正楼料理

イスズミの塩焼き!外道の磯魚

もっぱら臭いと敬遠されがちなイスズミ。 浅海の岩礁域に棲息する魚で、磯臭さが気になる人も多いでしょう。さすがに私も夏場のイスズミは購入したことがありません。真冬のイスズミであれば臭味も軽減されているだろうと買ってみることにしました。 ...
スポンサーリンク