長谷寺

スポンサーリンク
奈良観光

長谷寺の輪違い紋

奈良の長谷寺の寺紋として知られる輪違い紋。 輪違い紋とは、二つあるいはそれ以上の輪を交差、あるいは組み合わせたりした紋のことを言います。中央に花の紋をあしらった「花輪違い紋」もありますが、長谷寺の寺紋は単純に二つの輪を組み合わせた輪違...
奈良観光

法起院はがき祈願@長谷寺開山坊

長谷寺塔頭寺院の法起院。 長谷寺の開山である徳道上人を祀る法起院は、葉書き祈願のお寺としても知られます。 徳道上人御廟所内の多羅葉樹は葉書の語源にもなっています。斑鳩の法起寺を訪れた時、貝多羅葉樹の葉の裏側に文字を書いた記憶が蘇...
宴会 同窓会

こもりく長谷寺の結婚式!披露宴会食

長谷寺の仏前結婚式。 観音霊場の長谷寺で挙げる結婚式が注目を集めています。 「隠国の泊瀬(こもりくのはつせ)」と呼ばれる山深い地。万葉集にも読まれた ”長い峡谷” を表す初瀬は、今もなお多くの観光客を魅了し続けます。 ...
奈良観光

長寿の縁起物『蓑亀』@長谷寺

長谷寺の本堂。 国宝建築の燈籠に目をやると、長寿の験(しるし)として知られる蓑亀(みのがめ)が居ました。甲羅になびく緑藻(りょくそう)がその目印です。文様などにも描かれる蓑亀ですが、大変縁起の良い吉祥のシンボルとされます。 ...
奈良観光

長谷寺の閼伽井

長谷寺本坊前に佇む閼伽井。 閼伽井とは閼伽(あか)の水を汲む井戸のことですが、閼伽は功徳水とも言われる清浄の水を意味しています。 真言宗豊山派総本山・長谷寺の閼伽井。 本坊門前に咲く御衣黄桜や牡丹の近くにひっそりと...
奈良観光

長谷寺三重塔跡の祝融の災

長谷寺の西の丘にそびえる五重塔。 そのすぐ南側に基壇と礎石のみが残される三重塔跡があります。 長谷寺の三重塔跡。 向こうに見えている建物は納骨堂ですね。初夏の風に煽られ、木々の緑がよく映えます。長谷寺創建にまつわる...
奈良観光

三社権現に祀られる初瀬の地主神

長谷寺本堂の北東裏手に、初瀬の里を守る三社権現が祀られています。 瀧蔵三社とも呼ばれ、瀧蔵権現(たきのくらごんげん)を中心に祀られる地主神。牡丹や十一面観音が見所の長谷寺境内にあって、訪れる人も少ないお社ではありますが、初瀬詣での際に...
奈良観光

長谷寺の初夏を彩る姫空木

小さく白い花を咲かせる姫空木(ヒメウツギ)。 長谷寺五重塔から本坊方面へ下りて行く途中に、姫空木が花を咲かせていました。まだ蕾の状態のものも数多く見られ、近づいてみると雪が降っているかのような錯覚に陥ります。 長谷寺の姫...
奈良観光

長谷寺の紅花常盤満作

長谷寺本坊へと続く道。 道の両脇には色とりどりの牡丹が花を咲かせ、参拝客の目を楽しませています。そこから向かって右手の石垣の上に目をやると、何やら赤い花が咲いていることに気付きます。 長谷寺に開花する紅花常盤満作(ベニバ...
奈良観光

長谷寺特別拝観で十一面観音と結縁

長谷寺十一面観音との感動の結縁。 春秋の特別拝観期間中には幾度となく催されているイベントですが、ついに私も長谷観音の御足に触れて参りました。 結縁の五色線。 特別拝観の記念に腕に結んで頂きました。本堂内陣の入口に於...
スポンサーリンク