タグ: 葛城市観光

子授けの浄願寺!葛城山麓にお参り

葛城市寺口の浄願寺。 水子供養、子授け祈願で知られる浄土宗のお寺です。 子宝に恵まれなかった文徳天皇が祈願したところ、めでたく世継ぎの清和天皇が誕生したと伝わります。文徳天皇ゆかりの『子授け寺』として、今も全国各地から参 […]
Read More

葛城市寺口の置恩寺

布施氏の氏寺と伝わる置恩寺を訪れました。 美しい十一面観音で知られる高野山真言宗のお寺です。 道の駅かつらぎから南へ走り、寺口交差点を右折して葛城山の麓へと上がって行きます。坂道の途中にあった「近畿自然歩道 寺口駐車場」 […]
Read More

葛城市の博西神社!布施氏の氏神

葛城市寺口に鎮座する博西神社。 読み方ですが、「博西(はかにし)」と読みます。新庄の屋敷山古墳の西に位置することから、陵西・墓西(はかにし)と書かれていたようです。朱に映える春日造本殿は国の重要文化財に指定されています。 […]
Read More

L字に曲がる角刺神社御神木

角刺神社の御神木はL字に曲がっていることで知られます。 なぜこのようにL字型に成長したのか、その理由は定かではありませんが、とても印象に残る御神木ですのでここにご紹介しておきます。 角刺神社の御神木は木の分類から言えば、 […]
Read More

現徳寺

葛城市観光マップを手に訪れた現徳寺。 孝女伊麻旧跡から角を曲がった所に門を構えるお寺です。 東光山現徳寺。 布施弥七郎尉が文明年間に庵を結び、「東光庵」と号したのが現徳寺の起源とされます。布施弥七郎という人物は、現徳寺の […]
Read More

飯豊天皇埴口丘陵を見学

日本最初の女帝は推古天皇と言われますが、ひょっとすると飯豊青皇女(いいとよあおのひめみこ)だったのかもしれない。そんな歴史の幕間に登場した女性のお墓が葛城市に眠っています。 飯豊天皇埴口丘陵(いいとよてんのう はにくちの […]
Read More

葛城市の脇田神社

神さぶる笛吹神社から東へ下ってきた所に鎮座する脇田神社。 鳥居前に建てられた「天満宮」の社号標から、かつては菅原道真を祀った神社であることがうかがえます。 脇田神社拝殿。 葛木坐火雷神社(笛吹神社)から東へ下ると、左手に […]
Read More

角刺神社の分水石

近鉄忍海駅近くの葛城市歴史博物館から、線路沿いに南へ取り、さらに右に曲がってしばらく進むと、史上初の女性天皇とも伝えられる飯豊青命(いいとよあおのみこと)を祀る角刺神社が鎮座しています。 境内の片隅に分水石が祀られていま […]
Read More

大磯虎女旧跡地

長尾神社から磐城小学校の前を通って孝女伊麻旧跡に向かう途中、鍵状の曲がり角の手前に大磯虎女旧跡地がひっそりと佇んでいます。 虎女(とらじょ)は「大磯の虎」の愛称で知られる鎌倉時代初期の遊女です。全国各地に大磯の虎の伝承地 […]
Read More