深海魚

宴会 同窓会

ユメカサゴの煮付け

前回は唐揚げで頂いたユメカサゴ。 深海のカサゴは赤く、見た目も華やかです。 手のひらサイズの魚でとても可愛らしく、そのまま油で揚げることができます。煮魚にすれば骨の旨味が煮汁に溶け出し、得も言われぬ味になります。 ...
大正楼料理

シロカサゴの姿造り!刺身も絶品

深海魚のシロカサゴを姿造りにしてみました。 20cmほどの小魚ですので、本来は舟盛りには向きません。煮付けや唐揚げ、味噌汁の具材などに使われる魚です。水揚げされてから24時間以内の鮮魚ということもあり、お刺身で頂くことにしました。 ...
大正楼料理

マトウダイ目のカガミダイ!窪むおでこ

マトウダイ目に属するカガミダイ(鏡鯛)が入荷しました。 体表に“的(まと)”を思わせる黒斑があり、見た目はマトウダイとよく似ています。マトウダイとカガミダイの見分け方ですが、頭部の背面、おでこの辺りを見ると比較的その違いが分かります。...
大正楼料理

オオメハタの刺身!皮目を炙る焼霜造り

スズキ目ホタルジャコ科の大目羽太(おおめはた)。 「でん」の愛称で親しまれる深海魚です。 癖のない白身でとても美味しく、寿司ダネとしても人気のようです。 オオメハタの刺身。 皮目を炙って焼霜造りにしてみました...
大正楼料理

チゴダラと柿のラヴィゴットソース和え

なめろうにすると美味しいチゴダラ。 とろんとした白身と肝、さらに味噌やネギで叩いただけの料理ですが、とても美味しいと評判です。なめろうが和風なら、フルーツや野菜を交えたラヴィゴットソースは洋風料理と言えるでしょう。 チゴ...
大正楼料理

ヒメの煮付け

深海魚のヒメを煮付けてみました。 前回は刺身で頂きましたが、柔らかい身で小骨の多い魚です。 見た目が華やかで、グロテスクな種類が多い深海魚の中にあって異色の存在です。 ヒメの煮付け。 オオコシオリエビや玉ねぎ...
宴会 同窓会

ベニテグリの刺身!美味しい赤皮

深海魚の紅手繰(ベニテグリ)が入荷しました。 以前から試してみたかった食材です。キスなどのように天ぷら食材として人気ですが、新鮮なベニテグリが手に入ったらまずはお刺身ですね。 ベニテグリの姿造り。 今回の個体は15...
大正楼料理

トウジンの刺身!ゼラチン質の頭

刺身良し、煮付け良し、唐揚げ良しの万能選手。 深海魚のトウジンはどんな料理にも合います。新鮮なトウジンが手に入れば、まずはお刺身で頂きたいところです。 トウジンの刺身とクロシビカマスの炙り。 黒い縦縞の刺身はクロシ...
大正楼料理

クロシビカマスの刺身!炙りの旨味

駿河湾で獲れたクロシビカマス。 漁港直送便で2尾のクロシビカマスが入荷しました。 骨の多い魚ではありますが、脂の乗った美味しい白身です。新鮮な魚が入手できたので刺身で頂くことにしました。 二尾のクロシビカマス。 ...
大正楼料理

げんげの煮付け

数年前に行われた同窓会。 幻の魚と呼ばれるげんげの煮付けをお出ししました。これほどにコラーゲンを感じさせる魚が他に存在するだろうか。そう思わせるほど、ぷるんぷるんの触感が持ち味です。 げんげがプルンと手の上で体をくねらせ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました