土舞台の桜

奈良県桜井市は芸能創生の地と言われます。

その発端となったのが聖徳太子ゆかりの土舞台。

土舞台の桜

土舞台にも桜の花が咲いていました。

安倍文殊院にほど近い、小高い場所に佇む土舞台。

石碑の他には何も無い静かな場所ですが、それだけにひっそりと咲く桜の花に心が奪われます。

スポンサーリンク

土舞台顕彰碑と除幕式の解説

土舞台はかなり急な高所にあります。

桜井はアップダウンの激しい土地柄ですが、いかにも桜井らしい場所に顕彰されていました。

土舞台の案内板

土舞台の案内板。

仏教伝来の地、大相撲発祥の地など様々な歴史を持つ桜井市。

ここが正しく日本の芸能の発祥の地であると言われています。

土舞台顕彰碑

土舞台顕彰碑。

桜井材木の守護神・石寸山口神社からさらに急坂を登った所にあります。すぐ近くには安倍山城跡もあり、歴史好きにはおすすめのエリアです。

芸能創生の地・土舞台

土舞台で上演された天理大学雅楽部による伎楽「獅子奮迅」の写真。

土舞台顕彰碑は郷土出身の文芸評論家・故保田輿重郎氏(1910~1981)の提唱により市行政・民間諸団体の尽力で建立されました。昭和47年11月の除幕式には、俳優森繫久彌氏をはじめとした芸能関係者や、ノーベル物理学賞受賞の朝永振一郎博士などが出席し、盛大に開催されました。それ以降毎年、顕彰大祭と芸能イベントが開催されています。

土舞台の桜

俳優の森繫久彌さんもこの地を訪れたんですね。

昭和47年のことですから、もう既に50年近くの歳月が流れています。

土舞台の桜

桜が綺麗です。

地面に散った花びらも相まって、桜一色に染まります。

あまり人の訪れない場所ですが、桜の名所の一つに数えてもいいでしょう。