藤原不比等の霊を慰める興福寺北円堂

興福寺中金堂の西に佇む北円堂。

北円堂は藤原不比等の霊を慰めるため、平城京を一望できる場所に建てられた八角円堂です。現在の北円堂は1210年に再建されたものですが、鎌倉時代の力強さが伝わってくる単層・本瓦葺の建物で、国宝に指定されています。

興福寺北円堂

興福寺北円堂

普段は公開されていないため、ひっそりと静まり返ったイメージの北円堂ですが、春秋の公開日には観光客で賑わいを見せます。

スポンサードリンク

運慶一門の傑作が揃う北円堂仏像群

鮮やかな朱色に映える南円堂に対し、古色蒼然とした空気を纏う北円堂。

質素な雰囲気の北円堂にはシブいイメージがつきまといます。そんな北円堂内には無著世親像をはじめ、見事な国宝仏像が収められています。仏像好きにはおすすめの空間です!

興福寺ダルマおみくじ

興福寺南円堂の傍らにダルマのおみくじが置かれていました。

七転び八起きを連想させる達磨は、縁起物として人気がありますよね。ダルマの目入れについて、英語解説されているようです。

興福寺北円堂無著菩薩像

北円堂の拝観受付で手渡されたガイドに、堂中に安置される無著菩薩像の写真が掲載されていました。

法相宗を確立した兄弟の僧である無著・世親菩薩像

運慶作とされるこの仏像も国宝です。北円堂内には、弥勒如来坐像四天王立像などの国宝も収められています。北円堂のキャッチコピーに、「運慶一門の総力みなぎる北円堂」というのがありますが、まさしくそんな迫力を感じます。

興福寺中金堂再建中

再建中の興福寺中金堂

昨年の遷都祭の年には、中金堂の立柱式が執り行われました。

臨時土産物販売所

北円堂の出口に、臨時土産物販売所が設けられていました。

携帯ステッカーでしょうか。

東大寺ミュージアム前の鹿

東大寺ミュージアム前の鹿。

2011年10月10日に開館した東大寺ミュージアム。興福寺国宝館も新しく生まれ変わったばかりですし、奈良公園一帯の美術鑑賞が益々楽しくなりそうですね。

奈良の人力車

奈良観光の人力車。

奈良公園エリアを走る人力車です。

京都の東山・嵐山エリアでもよく見かける人力車ですが、奈良の東大寺・興福寺・春日大社一帯でも活躍しています。

ドラえもん奈良土産

ドラえもんの奈良みやげ(笑)

奈良の鹿とドラえもんがコラボしているようです。

北円堂にひしめく仏像群の上には、蓮の描かれた天井が見えました。

当初はこの天井が金色に輝き、その反射で仏像群を照らしていたと言われます。まるで後光のように輝く天井・・・今でも、所々に金の輝きを残しているのが垣間見られます。