アイナメの姿造り

アイナメの姿造りをお出ししました。

浅い岩礁域に棲むというアイナメ(鮎並)。

海水魚ですが、鮎のように縄張りを持つことから「鮎並」と書きます。適度に脂肪分もあり、関西エリアでは「アブラメ」と称されることもあります。

アイナメの姿造り

アイナメの姿造り。

丸味を帯びた鰭(ひれ)を強調して盛り付けます。

アイナメの焼霜造りをメインにした、アジ、鮭、イクラの刺身盛り合わせ。水玉胡瓜や唐草大根を散らし、華やかに演出します。

スポンサーリンク

皮目が美味!複数の側線を持つカサゴ目の鮎並

アイナメは非常に淡白な味わいの白身です。

皮が美味しいので、焼霜造りがおすすめです。

細かい鱗を取って三枚におろし、中骨を抜きます。バットに氷を敷き詰め、皮目を上にしてバーナーで焼き付けます。香ばしい匂いが食欲をそそります。

アイナメ・鮎並

黄色味がかっているのは婚姻色でしょうか。

側線が数本、縦に走っているのが見えます。調べてみると、5本の側線を持つようです。背ビレは真ん中で少し低くなっていますね。

アイナメの姿造り

胸びれが弧を描きます。

大きな胸ビレを持つ魚は姿造りに向いています。

大和茶と栗南瓜の羊羹

今日のデザートは大和茶と栗南瓜の羊羹。

二層の羊羹で、下層に漉し餡の羊羹、上層には大和茶と栗南瓜の錦玉羹を合わせます。

アイナメの姿造り

鮎並(あいなめ)はカサゴ目アイナメ科に属するようです。

全体的に丸みを帯びた体形は鮎によく似ています。鮎よりも大きい魚ですが、刺身以外には火を通しても美味しく頂けます。

アイナメの歯

歯は小さいですね。

ちなみに肝は絶品でした。甘辛くさっと火を通し、そのまったりとしたコクを楽しませて頂きました。

アイナメ・アブラメ

でっぷりした個体。

アイナメを刺身にするのは久しぶりです。そう頻繁に目にする魚ではなく、どちらかと言えば高級魚の仲間に入ります。

アイナメの姿造り

勢いを感じさせるアイナメ!

アイナメの姿造りは、やはり胸鰭の見せ方がポイントになりそうです。