田塩家の与力窓!土佐街道武家屋敷

近鉄壺阪山駅を降り立ち、歴史ある土佐街道を歩きます。

日本の山城の中でも三本の指に入るという高取城。その旧大手門通り沿いに、昔の面影を残す与力窓(よりきまど)が見られます。

武家屋敷の田塩家

ノスタルジックな雰囲気が漂う武家屋敷。

昔ながらの長屋門を今に伝える田塩家です。

300年の時が流れているようですが、現在も人が住まうお屋敷です。門の入口左手に、横に材を渡す格子戸が見えます。どうやらあれが与力窓のようです。

植村家長屋門を土佐街道に見学
高取れんじの道から土佐街道を上がって行くと、左手に植村家長屋門が見えて参ります。 かつての高取城主であった植村氏。 植村氏の念持仏が子嶋寺の千寿院に祀られていますが、日本一の山城とも称される高取城の下手には植村氏ゆかりの歴史遺物...

田塩家からさらに上手には、高取藩筆頭家老の植村家長屋門があります。

ここから高取城跡まではまだ距離がありますが、昔の城下町を感じさせてくれるエリアです。

スポンサーリンク

見張りの役目を担う武者窓

格子窓と言えば、通常は縦に格子が取り付けられています。

ところが、この与力窓は横に格子が並んでいます。外界を監視するために取り付けられた窓で、別名を武者窓とも言います。なるほど、人間の目は横に二つ並んでいますからね。見張り番にとっては、横格子の方が都合が良かったのでしょう。

田塩家の与力窓

田塩家の与力窓。

道行く人々を広角に捉えます。上下を監視するなら縦格子ですが、横幅広くワイドに監視するなら”与力窓”というわけですね。

そもそも与力とは、主に使える下級武士のことです。ここで息をひそめていたのかと思うと、歴史の鼓動が聞こえてきそうです。

高取城下町の展示

案山子イベント開催時の展示品。

高取町の土佐街道では、毎年10月にかかし祭りが催されます。

田塩家の与力窓

与力窓が2つ確認できます。

現代社会では、なかなかお目に掛かれない形状の窓です。

田塩家の観光案内

武家屋敷(田塩家)。

長屋門をそのまま残す武家屋敷。300年経つ。格子が横向きの「与力窓」を2つ付けた「長屋門」。両袖に物見所と馬屋をもつ武家門のある屋敷。門を入ったところ、玄関脇に格子をはめた「監視窓」つきの塀があり、表口を警戒する構えは他では見られない珍しい遺構。

高取城下町の展示

甲冑姿のかかし。

歴史好きの間ではお城ブームも湧き起っていますね。

城の曲輪跡や狭間に焦点を当て、当時の合戦の状況に思いを致す。初心者の私には少々難しい面もありますが、かじり出すとハマっていくのでしょう。

田塩家の出格子

こちらの出格子の中は馬屋だったのでしょうか。

おや?出格子の横にも穴が開いているようです。

田塩家の出格子

この穴は何でしょう。

ひょっとしてここからも覗いていた?

武家屋敷の特異な構造を楽しみながら、城下町を堪能させてもらった一日でした。