野菜

スポンサーリンク
大正楼料理

プチヴェール!アブラナ科の野菜

農産物直売所のおばさんから薦められたプチヴェール。 プチヴェールとは、フランス語で「小さな緑(Petit vert)」を意味するアブラナ科の野菜のことで、キャベツのミニチュアのような形をしています。 プチヴェール。 ...
大正楼料理

紫人参のパープルパープル!アントシアニン豊富

個室宴会の予約が入っていた当日、珍しい紫色の人参が入荷しました。 名前をパープルパープルと言うんだそうです。以前に黄色い人参を使ったことがありますが、紫色の人参は初体験でした。 パープルパープルを花形に飾り切りにします。...
大正楼料理

祝雷はアブラナ科野菜

おめでたい名前の祝雷。 祝雷(しゅくらい)とは、春先に出回るアブラナ科の野菜の名前で、その大きなゴロンとした塊は見る者を引き付けます。 祝雷。 そのネーミングがまたいいですよね。祝雷と言うぐらいですから、結婚式やお...
大正楼料理

葛城ウーハン!椎茸の里芋饅頭

奈良県の伝統野菜・葛城烏播(ウーハン)。 ウーハンは1940年に台湾から入ってきた品種のようです。ねっとりとした舌触りで美味しいのですが、広く市場に出回らない貴重な里芋です。奈良県由来ということもあり、近くの産直市場では入手することが...
大正楼料理

赤蕪の鯖寿司大和芋仕立て

蕪の美味しい季節になりました。 脂ののった鯖(さば)と合わせ、大和芋を酢飯代わりに使った一品です。手鞠寿司を作るときによく使う大和芋ですが、今回は鯖寿司で試してみました。 赤カブの鯖寿司大和芋仕立て。 サバの上に巻...
大神神社結婚式 披露宴

里芋の茎!ずいきのコンポート

結婚式のご会食に芋茎(ずいき)のコンポートをお出ししました。 里芋は秋のイメージですが、その茎(葉柄)に当たる ”ずいき” は夏が旬です。赤みを帯びた赤ずいきを使って、白ワインベースのコンポートに仕立てます。 ずいきのコ...
大正楼料理

ビキーニョ!フルーティな唐辛子

産直市場にビキーニョという唐辛子が売られていました。 珍しい形だったので、思わず購入します。お味はフルーティであまり辛くないようですが、まずは自分の舌で確認してみることにしました。 ブラジル在来種のビキーニョ。 南...
大正楼料理

ゴーヤの古代米煮込み

健康野菜のゴーヤ。 その苦味から敬遠されがちな食材ですが、一手間かければ美味しく頂けます。 さっそく苦瓜の煮込み料理を作ってみることにしました。苦瓜の中に鶏肉、海老、古代米、パプリカ、とうもろこし等の食材を射込んで、にんにく、生...
日本語の意味

初夏に美味しい!じんだ和えの由来

東北地方発祥の料理として伝わる「じんだ和え」。 じんだ和えの作り方は簡単で、枝豆や莢豆を茹で、味噌や麹といっしょにすり鉢やフードプロセッサーで合わせます。宮城名物のじんだ餅(ずんだ餅)はよく知られるところですが、薄く味付けした食材とい...
大正楼料理

アブラナ科の紅菜苔

紅彩苔(こうさいたい)とは、アブラナ科アブラナ属に属する野菜の名前です。 今年の3月、農産物直売所で購入した紅彩苔。40年来、完全無農薬の土で栽培されているという説明書きが添えられていました。 普通に茹でると色が抜け落ち...
スポンサーリンク