語源

スポンサーリンク
日本語の意味

祈るの語源

「祈る」という言葉の語源はどこにあるのでしょうか。 祈るの「い」は接頭語で、「のる」は古語の宣る(のる)を意味しているようです。 飛鳥寺境内の花。 口に出して、言葉の形で神仏に幸いを願うことを「宣る」と言います。 ...
日本語の意味

お経の語源

お経の語源は織物の縦糸(たていと)にあります。 縦糸が真っすぐ続いているところから、筋道を示し、仏の教えである真理を表すようになりました。 英語に翻訳すると、お経は buddhist sutra になります。 so...
日本語の意味

番(つがい)の意味

つがいの意味を考えてみます。 番(つがい)とは「番ふ」の連用形名詞で、一対になったものを言い表します。「番(つが)ふ」は古語にも見られ、元来は「継ぎ合ふ」を意味しています。 時計の秒針にデザインされた比翼の鳥。 番...
日本語の意味

案山子の由来

田んぼの中の案山子(かかし)。 案山子を古語辞典で引いてみると、案山子(かがし)と濁音で掲載されています。 現在の「かかし」と清音で発音するのは、近世の関東の発音に由来しています。「かがし」なんて聞くと、どこか東北訛りを連想して...
日本語の意味

匂いの語源!梅を嗅ぐ

嗅覚に訴えかけてくる梅。 梅の香りは春の訪れを告げます。 やはり梅は嗅ぐものだなぁと、つくづく実感します。 大和郡山城跡の盆梅展。 かぐわしい梅の香り。嗅覚は五感の中でもややもすれば軽視されがちですが、どっこ...
日本語の意味

アルバイトの語源

アルバイトはドイツ語の「仕事」を意味する arbeit に由来しています。 英語にはアルバイトという言葉はなく、part-time job と表現します。夜のアルバイトを moonlighting と言ったりするのも英語特有の言い回し...
日本語の意味

夏の語源は『泥む』

日本には四季があります。 春夏秋冬それぞれに言葉の成り立ちがあり、その意味するところがあります。 春は芽吹きの季節で「張る」、秋は空高く「開く(あく)」、冬は増ゆ籠りの「増ゆ」とされます。では、夏の語源は何なのか?その由来を辿れ...
日本語の意味

こだわるの語源

「こだわる」の意味について考えてみました。 こだわりの食材、こだわりの調理法、こだわりのウェディングと、宣伝文句にもよく見られる「こだわり」。元々は差し障る、拘泥するといった具合に悪い意味で使われる言葉でした。それがいつの頃からか、良...
日本語の意味

置いてけぼりの語源@御竹蔵跡

「置いてけぼり」という言葉がありますよね。 一緒に居た者を置き去りにすることを意味する日本語。約束の時間に遅れた者を、そのまま待つことなく先に行ってしまうことも意味しています。置き去りにされた側は、「置いてきぼりをくう」と表現します。...
大正楼料理

おせちの語源

お正月に食べるおせち料理。 おせちの語源はどこにあるのでしょうか。 おせちの「せち」は節日(せちにち)を意味しています。節日とは、生活の折り目や季節の変わり目などに祝いを行う日を言います。節日(せつじつ)とも言いますが、元旦・白...
スポンサーリンク