お経の語源

お経の語源は織物の縦糸(たていと)にあります。

縦糸が真っすぐ続いているところから、筋道を示し、仏の教えである真理を表すようになりました。

お経

英語に翻訳すると、お経は buddhist sutra になります。

some scrolls of the sutras (数巻の経文)

梵語でスートラと言いますが、中国語では音訳して「修多羅」と表記し、意訳で「経」と訳されました。

スポンサーリンク

お釈迦様にまつわる言葉

お釈迦様の説法を書きとめたものがお経です。

お釈迦様にまつわる言葉も、私たちの周りにはたくさん残されています。

元興寺

世界遺産の元興寺境内。

お寿司のシャリ、しゃかりきになる、等はお釈迦様に由来する言葉なんです。

お経の「経」には、「つね」という読み方もあります。

真理は永遠で、恒常不変であることを示唆しているのかもしれませんね。