黒塚古墳の碑文!柳本藩の安寧祈願

かつて黒塚古墳の墳頂にあった石碑。

天理市柳本町にある黒塚古墳は、33面の三角縁神獣鏡が出土したことで知られる前方後円墳です。お濠の脇を歩いていると、柳本村民が刻んだという碑文がありました。

黒塚古墳石碑

現在は墳丘の麓に下ろされています。

江戸時代末期には、黒塚古墳の墳頂に稲荷神と並んで建っていたようです。

鏡面を木棺に向けた三角縁神獣鏡@黒塚古墳
33面の三角縁神獣鏡が出土したことで知られる黒塚古墳。 三角縁神獣鏡とは銅鏡の一種で、鏡の縁の断面が三角形になっています。古代中国の神話に登場する神仙や霊獣が浮き彫りになり、時を超えて私たちを魅了します。天理市立黒塚古墳展示館へ行けば...

スポンサーリンク

五穀豊穣を祈った鎮守の森!黒塚古墳の歴史

JR柳本駅から徒歩でアクセスできる黒塚古墳。

黒塚古墳のエリアですが、江戸時代には織田家の柳本藩陣屋がありました。今も周辺にはかつてのお城の名残が感じられます。近くには織田有楽斎の墓もあり、織田家由来の建勲神社も祀られています。

黒塚古墳の墳丘

黒塚古墳の墳丘。

お濠の外枠には花壇が設けられ、季節の花を楽しむことができます。この位置からだと墳丘も綺麗に入り、写真映えがしますね。

黒塚古墳の墳頂

黒塚古墳の墳頂。

埋葬施設は竪穴式石室だったと言います。

併設する黒塚古墳展示館へ行けば、リアルに再現された竪穴式石室を見学することができます。

黒塚古墳石碑

墳丘を下りた所にある石碑。

一番左側の大きな碑が、柳本藩の安寧を祈願する石碑です。

黒塚古墳の碑文

碑文の要旨。

文政6年(1823)壬羊(みずのえひつじ)の歳の春(旧暦2月)鬱蒼と茂った黒塚を整地し、頂上に稲荷神の祠と、この碑を並べて建てた。柳本藩中が安けく穏やかであり嘉穀(こくもつ)が豊かに実りますようにと神に祈り鎮守の森となりますように。ということである。
石碑は柳本村民が建てたものである。  天理市教育委員会

黒塚古墳の碑文

全て漢字で記されています。

言わんとするところは何となく分かりますね。

黒塚古墳の金毘羅大権現・庚申

石碑の右側には、金毘羅大権現と庚申さんが祀られています。

これらもおそらく、現在地に寄せ集められたものでしょう。

黒塚古墳の管理棟

黒塚古墳の管理棟でしょうか。

古墳の西側にひっそりと居を構えていました。

黒塚古墳の桜

訪れたのは桜の季節。

黒塚古墳は隠れた桜の名所です。

黒塚古墳の花筏

見頃を少し過ぎたタイミングだったためか、見事な花筏(はないかだ)を見ることが出来ました。

水面に散る花びらが密集し、まるで筏を組んでいるようです。

黒塚古墳の桜

ピークを過ぎた葉桜もいいものですね。

時の流れは絶えずして、世の栄枯盛衰を目の当たりにします。

鎮守の森としての役目も担っていた黒塚古墳。時代を経ながら、人々の関心も移り変わっていくのでしょう。三角縁神獣鏡が出土した頃は、これぞ卑弥呼の墓ではないかとフィーバーしましたが、今ではその熱も冷めて、再び静かな眠りに就こうとしています。