魚スタグラムに魚活!魚のハッシュタグ

SNSのインスタグラムでも魚の写真を投稿しています。

若年層の利用が多いソーシャルネットワークサービスですが、インスタグラムと言えばハッシュタグですよね。魚にまつわる色んな人の投稿を見ていると、興味深いハッシュタグに気付きました。

ヒメジ・オジサン

#魚を食べよう などのオーソドックスなものから、

#魚活 #ウオ活 #魚部 #ウオ部 #魚インスタグラマー #魚スタグラム #飯テロ etc… 実に様々なハッシュタグが用意されています!

スポンサーリンク

工夫次第でつながれる!言葉遊びの世界観

ハッシュタグは一種の言葉遊びなのでしょう。

面白い記号を見つけては、仲間内で盛り上がる。とても興味深い世界が広がります。

ケムシカジカ

“最もブサイクな魚”と称されるケムシカジカ(笑)

「飯テロ」なんて一瞬ドキッとする言葉ですが、インスタグラムの中では頻繁に使われているようです。

昨今の流行語を引用するなら、#魚しか勝たん も利用価値がありそうです。とにかく面白おかしく軽いノリで表現していきましょう。

アオハタの姿造り

アオハタの姿造り。

魚以外にも、食べ物関連で面白そうなハッシュタグが散見されます。

#かふぇすたぐらむ #フォトジェ肉 #飯スタグラム #肉テロ #instafoods 等々が挙げられます。インスタグラムという言葉に掛けて、様々な言い回しが生まれるようです。旅行系のハッシュタグには、#旅スタグラム がありますよね。

天然ヒラメの姿造り

天然ヒラメの姿造り。

「インスタ映え」という流行語が生まれましたが、英語に直せば instagrammableです。

私たちの世代はネット検索をする際にググりますが、SNSを検索サービスとして使っている人も多いと聞きます。『instagrammable nara』と検索すれば、奈良のインスタ映えスポットが出てくるといった流れになります。

今後も魚の写真を投稿していきますが、「魚スタグラム」や「魚活」は使い勝手のいいハッシュタグになりそうです。