飛鳥川の飛び石!恋情映す万葉歌碑

飛鳥川の飛び石。

明日香村稲渕の勧請橋より少し上流に、万葉集にも詠まれた飛び石はあります。

飛鳥川の飛び石

飛鳥には古代の石造物がたくさん残されています。

この飛び石もその一つと言っていいでしょうか。

日本最古の在銘石造層塔!龍福寺の竹野王碑@明日香村稲渕
長屋王家木簡にもその名がみえる竹野王。 長屋王の縁者ではないかとされる女性ですが、遠く稲渕のお寺に竹野王の名を刻む層塔がありました。大化の改新ゆかりの南淵請安を訪ねた稲渕地区。そこで日本最古の在銘石造層塔に出会えるとは思ってもみません...

スポンサーリンク

時代を超えて残る沈下橋

勧請綱掛神事で知られる男綱が張られた飛鳥川。

その少し川上に飛び石は存在します。

飛鳥川の飛び石

古代の明日香川は鉄砲水に悩まされていました。

氾濫する川の様子は、今の穏やかな川の流れからは想像しがたいものがあります。板橋を渡しても何度も流されてしまったのではないでしょうか。そこで、このような飛び石が橋の役目を果たしていたというわけです。

「飛鳥川の飛び石」案内板

勧請橋を過ぎて栢森地区へ向かう途中、左手に飛び石の案内板がありました。

ここを降りて行った所に飛び石はあるようです。

増水したときには渡れなくなる橋。

現在でも日本各地に見られる「沈下橋」の一種ということになりますね。ローコストで人手も要らない橋の建設・・・半永久的に橋の役割を果たし続ける沈下橋は、近辺で暮らす人たちの生活を支えています。

飛鳥川の飛び石の万葉歌碑

飛鳥川の飛び石の脇に万葉歌碑がありました。

明日香川 明日も渡らむ 石橋の 遠き心は 思ほえぬかも

歌の意味も左に記されていますね。

あなたに対して遠く離れた気持ちなど持っていません・・・飛び石が織りなす恋愛模様が浮かび上がります。

飛鳥川の飛び石

近づいてみると、結構流れが急なことに気付きます。

対岸に居る恋人。

川がお互いを隔てる物語は古今東西にちりばめられ、それぞれの貴い輝きを放ちます。恋愛に限らず、川岸には様々な人間模様が描かれます。彼方の岸を表すお彼岸、明日は我が身を示唆する対岸の火事・・・

飛鳥川の飛び石は、古代からの素敵なプレゼントですね。