日本語の意味

スポンサーリンク
日本語の意味

恋の語源を今宮神社に想う

恋愛成就や縁結びを祈願して、京都の今宮神社を訪れる人も多いのではないでしょうか。 今宮神社の挙式も、若い人たちの間で人気を呼んでいます。 「玉の輿神社」というキーワードに飛び付く若い女性の姿が思い浮かびます。そもそも恋とは何なの...
日本語の意味

唐招提寺御影堂のうつしびと

影は時に「光そのもの」を表します。 光があるから影がある。影は単独では存在しえないものです。 表裏一体の光と影ですが、日や月の光そのものを影と表現することもあります。月影などはその良い例ではないでしょうか。月影とは地上に落ちた影...
日本語の意味

六根清浄の意味!どっこいしょの語源

薬師寺に於いて「六根清浄」という言葉を見つけました。 六根清浄とは何を意味する言葉なのでしょう。 薬師寺中門前の手水処。 六根とは人間の迷いを生じる元である目(色)、耳(声)、鼻(香)、舌(味)、身(触)、意(法)...
日本語の意味

下馬で主人の帰りを待った従者

安倍文殊院の山門。 「下馬」と書かれていますね。 ここから先は馬から降りて下さい、という意味の下馬です。 馬に乗ったまま、山門をまたいで境内に入ることは禁じられていたわけです。結界という意味にも取れますね。
日本語の意味

稼ぐの語源

あらゆる業界において、稼ぐ方法を模索している人は多いものと思われます。そもそも「稼ぐ」とは何を意味する言葉なのでしょうか? 「稼ぐ」の語源に迫ってみたいと思います。
日本語の意味

演説の仏教的意味合い

衆議院解散で選挙戦へと突入していきます。 選挙で思い浮かべるのが、候補者による演説。 演説って仏教の言葉だったんです。 演説が仏教語だったとは。 ちょっと意外ですよね。 政治の世界と仏教は、頭の中でなかなか結び付き...
日本語の意味

三千世界とは

三千世界とは何を意味する言葉なのでしょうか? 三千世界の解説に移る前に、まずは須弥山(しゅみせん)について記しておきます。 飛鳥資料館の庭にある須弥山石のレプリカ。 仏教の世界観では、世界の中心に須弥山という高山が...
日本語の意味

同行二人でお遍路

同行二人とは、お遍路さんの仏教用語です。 同行二人と書いて、「どうぎょうににん」と読みます。 桜井市にある長谷寺。 長谷寺の仁王門に、お遍路さんが残して行ったであろう草鞋が吊るされていました。 お遍路さんは金...
日本語の意味

沙羅双樹とは

沙羅双樹とは、お釈迦様が沙羅林の中で涅槃に入る際、その四方に2本ずつあったとされる木のことです。 沙羅双樹は白い花を咲かせます。 沙羅双樹、沙羅双樹と言っていますが、厳密に言うと、日本では沙羅双樹は自生しません。 イン...
日本語の意味

会釈とは

会釈とは? 会釈の意味を解説致します。 会釈という言葉も、意外ではありますが”仏教”に由来します。 写真は京都のおたべ人形。 会釈しているというよりは、お辞儀の方が適当な表現かもしれませんがお許し下さい(笑) 「会...
スポンサーリンク