金魚の蝶尾!レッサーパンダ

金魚養殖が盛んな大和郡山市。

近鉄沿線にも多くの養殖池があり、目にする人も多いでしょう。一口に金魚と言っても、様々な品種があります。そこで、今回は蝶尾(ちょうび)をご紹介します。

蝶尾とは金魚の一品種で、蝶のような尾びれを持つ中国原産の金魚です。

日本へ輸入されたのは、昭和50年代後半とされます。

蝶尾レッサーパンダ

蝶尾(ちょうび)。

中国からの輸入個体が多い蝶尾ですが、現在では日本国内でも生産されています。

スポンサーリンク

白黒模様のパンダが人気

蝶尾の基本品種は”出目金”のように目が飛び出た格好をしています。

愛嬌のある出目金は一目見れば分かりますよね。

蝶尾

赤と黒の模様を持つ蝶尾をレッサーパンダと呼び、白と黒の模様を持つ蝶尾のことをパンダと言います。

冒頭の写真の蝶尾はレッサーパンダですね。

中国原産というだけあって、パンダという名前がしっくりきます。金魚愛好家の間では、白黒模様のパンダが人気を博しているようです。