関イサキの姿造り!豊後水道の荒波

ブランド魚の関イサキ。

瀬戸内海と太平洋の潮流がぶつかる豊後水道の荒波。そこで育ったイサキです。弾力を感じる筋肉質の身が絶品でした。

関イサキの姿造り

関イサキの姿造り。

ナミ貝や鯨ベーコン、甘海老との盛り合わせです。

イサキの皮は少々硬いのですが、今回は焼霜造りにもトライしてみました。初夏に旬を迎えるイサキは「麦藁イサキ」とも呼ばれ、ちょうど今が食べ頃です。

イサキの姿造り!甘い脂の刺身
旨味あふれるイサキ。 姿造り用鮮魚を市場に頼んでいたところ、丸まる太ったイサキが入荷しました。 イサキはスズキ目イサキ科の魚ですが、甘味のある白身は絶品です。英名を Chicken grunt と言うようです。grunt とは唸...

スポンサーリンク

一本釣りの活〆!佐賀関の高級魚

関イサキは一本釣りで漁獲されます。

関サバや関アジでも有名な大分県佐賀関(さがのせき)のブランド魚です。丁寧な一本釣りの活け締めで、新鮮なまま届けられます。

関イサキ

関イサキ。

見るからに美味しそうな個体です。キロ単価は3,300円でした。

関イサキの姿造り

皮を引いた白身も盛り付けます。

荒波に揉まれると、魚も美味しくなるんですね。

関イサキの姿造り

ナミ貝は縦長に引いて、貝殻の中に盛り込みます。

イサキの若魚には3本の褐色縦縞が入るようですが、なかなかお目にかかることが出来ません。一度若魚の姿も見てみたいと思うのですが、その機会に恵まれることはありません。

関イサキとアマテカレイ

アマテカレイと関イサキ。

どちらもでっぷりと、肉付きの良さを感じさせますね。

関イサキの姿造り

手前に見えるのが、関イサキの焼霜造りです。

煮ても焼いても美味しいイサキ。湯霜や焼霜も選択肢として有りですね。

紅白花大根

関イサキの生息環境ですが、一年を通じて水温の変化も少ないようです。

蟹や海老など、豊富な餌にも恵まれてすくすくと育ちます。

関イサキの姿造り

そんなイサキを頂ける幸せ。

深海魚漁が終わる5月半ば頃から旬を迎えるイサキ。深海魚のように決して珍しい魚ではありませんが、誰もが美味しいと感じる白身魚です。

初夏に食べる関イサキ!これ以上の贅沢は無いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました