ユメカサゴの煮付け

前回は唐揚げで頂いたユメカサゴ。

深海のカサゴは赤く、見た目も華やかです。

手のひらサイズの魚でとても可愛らしく、そのまま油で揚げることができます。煮魚にすれば骨の旨味が煮汁に溶け出し、得も言われぬ味になります。

ユメカサゴの煮付け

ユメカサゴの煮付け。

深海魚のヘリダラと一緒に煮付けてみました。

ユメカサゴの唐揚げ!未利用魚に託す夢
夢のある食材です。 カサゴ目フサカサゴ科ユメカサゴ属の夢笠子(ゆめかさご)。 ユメカサゴの目は、太陽光でギラギラとグリーンに反射するようです。夢を見ているようだからユメカサゴ。的を得たネーミングですが、是非一度その目を見てみたい...

スポンサーリンク

一夜干しも美味しいユメカサゴ

海底でじっとしながら、“夢を見ているような魚”と言われます。

駿河湾でよく獲れる深海魚ですが、駿河湾界隈ではノドグロと呼んでいます。確かにアカムツを彷彿とさせる姿ですね。

ユメカサゴ

ユメカサゴ。

概ね20~30cmの小魚です。

小さな歯がたくさん付いており、大きな口の奥をのぞき込むと、幾重にもエラが見えました。

ユメカサゴの煮付け

丸のまま煮付けます。

小型の魚ですから干物にも向いています。内臓を取って開き、寒風に晒せば旨味が凝縮してワンランク上の味が楽しめます。

ユメカサゴのヘリダラの煮付け

深海から水揚げされた魚はすぐに死んでしまいます。

棲む世界が違いますからね。

体に掛かる水圧が半端なく違います。そのため、底引き網から引き揚げられると、口から浮袋や内臓が飛び出すこともよくあります。目まで飛び出して、出目金状態で水揚げされることもあります。トウジンなどがその代表格ですが、ユメカサゴはその点、比較的原形をとどめたままのような気がします。

ユメカサゴとヘリダラの煮付け

手前に盛ったヘリダラも美味!

ユメカサゴもヘリダラも新鮮そのもので、とても美味しく頂きました。

タイトルとURLをコピーしました