イシダイのあら煮

7本の横縞模様が徐々に薄くなった石鯛(いしだい)。

尾びれ近くにわずかにその名残をとどめていますが、明らかに老成したオスのイシダイです。

イシダイのあら煮

イシダイのアラ煮。

ギンワサとも呼ばれる高級魚を煮付けてみました。三輪そうめんにあらの旨味を吸わせ、ゴボウや椎茸、ブロッコリーなどを散らします。

クチグロの姿造り!高級魚の刺身
立派なクチグロが入荷しました。 口の周りが黒くなった石鯛の成魚です。 硬く締まった白身は絶品で、その姿を活かすために舟盛りにしてみました。 天を仰ぐ口黒(くちぐろ)。 以前に捌いたイシダイに比べ、口周りの黒さ...

スポンサーリンク

くちばし状の歯を持つギンワサ!ベントスを捕食

イシダイは肉食魚です。

甲殻類や貝類、ウニなどの底生生物(ベントス)を餌にしているようです。硬いサザエの殻などもバリバリと嚙み砕きます。そのため、石鯛の歯はとても頑丈で、まるで嘴(くちばし)のような形状をしています。

石鯛

石鯛。

口の周りが黒いことからクチグロ、あるいは「銀ワサ(ぎんわさ)」とも呼びます。ギンワサの名前の由来ですが、体色が銀色で、底の浅い早鍋(わさなべ;焙烙のこと)のような形状をしていることに因むようです。

成長につれて7本の縞模様が無くなるのはオスだけです。

そのため、縞模様の残るメスは「本ワサ」と呼ばれます。若魚は縞鯛(シマダイ)、三番叟(サンバソウ)の名で通り、いずれも体表を櫛鱗(しつりん)が覆います。

石鯛のあら煮

高級魚のギンワサですが、生息環境の水温は18~24度とされます。

温暖な海域を好むようですl。

クチグロと真鰺

突き出た口。

確かにクチバシのような形をしています。あら煮の際は頭を二つに割りますが、歯の中心が定まりにくいのが石鯛です。英名を Striped beakfish と言い、くちばし(beak)に由来しています。

イシダイのあら煮

兜煮にすると、くちばし状の歯がガタンと飛び出ました(笑)

釣りの対象魚としても大変人気の高い石鯛。

側偏して体高のある魚ですね。ギンワサ、また一つ新しい呼び名を覚えた次第です。

タイトルとURLをコピーしました