ゲンゲの唐揚げ!丸ごと食べる寒天下魚

ぷるんぷるんの食感で知られる幻魚(げんげ)。

先日催された米寿のお祝いの席に、ゲンゲの唐揚げをお出ししました。

ゲンゲの唐揚げ

げんげの唐揚げ。

コラーゲン豊富なぷるんぷるん食材のゲンゲ。その未体験食感にお客様も大喜びでいらっしゃいました。

スポンサーリンク

底引き網漁で漁獲!富山湾のゲンゲ

食べた後に気持ちが若返ったような、そんな気持ちにさせてくれる魚です。

環境破壊が進む中、海の幸にも限界が訪れようとしています。漁獲高が減る一方の人気魚に対し、これまであまり知られていなかった魚にスポットライトが当たります。

ゲンゲ

水分をたっぷり含んでいて、とても柔らかい魚です。

体がぷるんぷるんで掴みにくい(笑) 

ゲンゲ

見ての通りのグロテスクな雰囲気漂う魚です。

ゲンゲを獲るための専門の漁は無く、底引き網漁で偶然に引っ掛かったゲンゲが市場を賑わせます。気持ちの悪いその容姿からか、毛嫌いされることも多く、長い間 「下魚(げぎょ)」 の扱いを受けてきました。下魚(げぎょ)が訛って「げんげ」になったとも言われます。

しかしながら、その見た目とは裏腹に実に美味しい魚です。

ゲンゲの尾びれ

ゲンゲの尾びれ。

ゲンゲには腹鰭が有りません。背びれと尾びれが長いのが特徴です。

ゲンゲの内臓

内臓が透けて見えます。

胸びれが細くとがっているところを見ると、どうやら今回入荷したゲンゲは寒天下魚(かんてんげんげ)のようですね。名前の如く、寒天を思わせる歯ざわりです。

ゲンゲの唐揚げ

揚げ立てのゲンゲの唐揚げ。

片栗粉をまぶして、すぐに油の中へ投入します。水分が多い魚ですから、もたもたしていると、すぐに片栗粉がべと付いてきます。油の中でもずっと音を立てていました。泡も小さくなることはなく、持ち上げてみて振動が箸に伝わってくれば既に火が通っています。

ゲンゲの歯

ゲンゲの歯。

顔に近づいてみると、結構かわいらしい魚ではないでしょうか。

このゲンゲは富山湾から入荷致しました。ゲンゲは水深200~800mの場所に生息しています。深海魚らしく、体は扁平で目が大きいのが特徴です。底引き網漁の行われる9月から5月に掛けてが入荷シーズンに当たります。

ゲンゲ

下魚(げんげ)から幻魚(げんげ)へとその評価を変えつつある昨今、当館の献立の中にも少しずつではありますが、その姿を現している魚です。

湯引きにして酢味噌和えで頂くと、また違った魅力を堪能することができます。

ゲンゲの唐揚げ

揚げている途中、我慢しきれずに一口頂きました!

この食感(^.^)

何度味わってもまた試してみたくなります。

ゲンゲの唐揚げ

頭も骨もひっくるめて全部、全く気にすることなく頂けます。

仏教の世界では、上品(じょうぼん)や下品(げぼん)といった九品(くほん)の考え方があります。ゲンゲは下の下(げのげ)という声も聞こえてきそうですが、決してそんなことはありません。

ゲンゲの背ビレ

ゲンゲの背びれ。

若返りのハーブがローズマリーなら、間違いなく若返りの魚はゲンゲではないでしょうか。神秘的な魅力に満ちたゲンゲを、これからも様々な場面で活用していければと思っています。