奈良観光

栢森の綱掛神事!女綱と福石

明日香村栢森の女綱(めづな)を訪れました。 勧請綱掛神事で知られる栢森地区。ヒガンバナや案山子ロードで人気の稲渕地区より上手にあります。県道15号(桜井明日香吉野線)を南下し、勧請橋の男綱(おづな)を横目に飛鳥川沿いを遡ります。関西大学 飛...
奈良観光

王寺町の片岡神社!放光寺鎮守の式内社

王寺町本町に鎮座する片岡神社。 聖徳太子と達磨大師の逸話「片岡山飢人伝説」の “片岡” です。片岡神社の背後の丘を“片岡”と呼ぶようです。片岡神社の奥には、聖徳太子創建の放光寺があります。 王寺町の片岡神社。 片岡神社は放光寺の鎮守社とされ...
奈良観光

波多甕井神社!高取町薬の歴史

薬の町として知られる高市郡高取町。 薬の歴史の出発点で、薬草の自生地でもある波多甕井神社を訪れました。以前から気を引く神社でしたが、場所の見当が付きませんでした。それもそのはず、波多甕井神社の鎮座する羽内(ほうち)地区は、私にとって未踏の地...
奈良観光

羽内遺跡!推古天皇の薬猟行宮

高取町の羽内(ほうち)地区。 奈良県民の私でも未踏の地でしたが、今回初めて訪れてみました。目的地は薬狩りの話が伝わる式内社・波多甕井神社です。羽内集落の手前に、羽内遺跡の案内板が立っていました。 羽内遺跡の案内板。 背後には田んぼが広がりま...
奈良観光

飛鳥椅子と四神の館

やはりインパクトがあります。 真っ赤な「飛鳥椅子」。観光地へ行くと、度々見かけるようになった記念撮影用のロゴタイプ。どこへ行ったかすぐ思い出せますよね。つい先日、近鉄飛鳥駅前で見た椅子です。ここまで移動してきたのでしょうか?それとも、各所に...
奈良観光

だるまさんが転んだ発祥地!達磨寺の伝承

聖(ひじり)の徳を頂く。 聖徳太子の名前の由来のようです。聖とは、達磨大師のことを指します。王寺町の達磨寺にお参りすれば、聖徳太子と達磨大師の深い絆を知ることができます。二賢人を表す太子石と達磨石(問答石)が本堂近くにありました。 達磨寺の...
奈良観光

キトラの田んぼで愛でる古代稲「神丹穂」

稲穂が赤く実っていました。 場所は国営飛鳥歴史公園内の「キトラの田んぼ」。農体験小屋の下手に広がるエリアで、古代米の神丹穂(かんにほ;赤米)が栽培されています。9月に入り、そろそろ秋の気配も感じられるようになって参りました。 キトラの田んぼ...
奈良観光

達磨寺1号墳!6世紀末の円墳

王寺町本町の達磨寺古墳群。 達磨寺古墳群は横穴式石室が開口する1号墳をはじめ、2号墳、3号墳の計3基から成ります。いずれも聖徳太子創建の達磨寺境内にあります。3号墳は本堂基壇として埋没していますが、その他の古墳は見学可能です。 達磨寺1号墳...
奈良観光

神波多神社の盃状穴

山添村中峯山(ちゅうむざん)にある神波多神社。 平安時代の延喜式神名帳にも名を残す古社で、疫神の素戔嗚尊(スサノオノミコト;牛頭天王)を祀ります。悪いものが入って来ないように、村の境目で食い止める。そんな願いが感じられる神社でした。 神波多...
奈良の仏像ガイド

安倍文殊院の渡海文殊!国宝文殊菩薩像

雲海を渡り、説法の旅に出かけるお姿。 騎獅文殊菩薩像を中心とした計五体の渡海文殊群像は、安倍文殊院の本堂に安置されます。本堂奥の壇上に聳え立つ御本尊・文殊菩薩像は像高7mにも及び、日本最大とされます。近年に重要文化財から国宝に格上げされまし...
スポンサーリンク