スポンサーリンク
日本語の意味

桜伐るバカ梅伐らぬ馬鹿の意味

春を告げる梅と桜。 万葉の時代には桜よりも梅の方が好まれたと言います。桜に先立って梅が開花し、まだ肌寒さの残る列島に彩りを添えています。 そんな梅と桜を対比することわざに、「桜伐る馬鹿、梅伐らぬ馬鹿」があります。 ...
奈良観光

三宅古墳群の瓢箪山古墳

三宅町、川西町、田原本町にかけて広がる三宅古墳群。 5世紀後半から6世紀前半にピークを迎える古墳群で、前方後円墳を中心に現状18基で構成されています。その中の一つ、全長40mの瓢箪山古墳を訪れました。 瓢箪山古墳の墳丘。...
奈良観光

三宅町中央公園のベルモニュメント

古代の屯倉(みやけ)に由来する三宅町。 屯倉とは大王(後の天皇)が直轄経営する領地のことで、その歴史の深さをしのばせます。周辺には瓢箪山古墳などの三宅古墳群が散らばり、垂仁・景行天皇期には栄えた場所であったと推測されます。 飛鳥...
大阪観光

四天王寺紙衣堂!病気平癒の羅漢

病気平癒の羅漢さんを祀る四天王寺萬燈院(紙衣堂)。 読み方は「紙衣堂(かみこどう)」。 紙衣堂の羅漢は五百羅漢の一人で、難病に苦しみながら紙の衣を着て修行に勤しんだと伝わります。病に苦しむ人々を救うために誓願を立てた偉いお方です...
大阪観光

逢坂清水と融通地蔵!四天王寺地蔵山

鎌倉時代後期の地蔵石仏。 四天王寺地蔵山の右手前に、微笑みを浮かべるお地蔵さんが祀られています。 像高170cmの立派な地蔵菩薩立像で、赤い前掛けの厚みが印象に残りました。 四天王寺の融通地蔵。 右手に錫杖、...
大阪観光

難波八阪神社の絵馬!噛み付く獅子舞

大阪市浪速区にある難波八阪神社。 巨大な獅子殿で知られる神社で、素戔嗚尊とその妃・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、さらには八柱御子命(やはしらみこのみこと)を祀ります。八岐大蛇伝説で結ばれたスサノオ夫妻にちなみ、縁結びの神様とし...
大阪観光

通天閣と将棋!阪田三吉の王将碑

通天閣と将棋の関係は深い。 演歌歌手の村田英雄のヒット曲『王将』は、伝説棋士・阪田三吉の生涯を題材にしています。昭和37年度の日本レコード大賞特別賞に輝いた楽曲ですが、何かの拍子に聴いた人も多いはずです。 新世界のシンボ...
日本語の意味

流行病『よのなかごこち』

昔の人にとって流行病は怖かったに違いありません。 医学の未発達な時代です。現代ですら、ウィルスとの戦いは ”いたちごっこ” が続く現状です。その昔、医学的に解明できない病をどのように捉えていたのでしょうか。 桜井市高家の...
奈良観光

藤ノ木古墳の国宝沓!橿考研博物館

被葬者が不明とされる藤ノ木古墳。 豪華な副葬品が多数出土したことで知られる古墳ですが、その出土品が橿原考古学研究所附属博物館に展示されていました。「美酒発掘」と題する2013秋季特別展の招待券が届いていたので、仕事の合間を縫って橿原神...
奈良観光

天理市のマバカ古墳!古式土師器が出土

天理市にある前方後円墳。 最も古い時期の前方後円墳と目され、纒向石塚古墳や纒向勝山古墳などの築造時期と重なります。前方部と後円部を繋ぐ ”くびれ部” をえぐるように農道が通り、墳丘の姿は見るに堪えないものがありました。 ...
スポンサーリンク