里芋の茎!ずいきのコンポート

結婚式のご会食に芋茎(ずいき)のコンポートをお出ししました。

里芋は秋のイメージですが、その茎(葉柄)に当たる ”ずいき” は夏が旬です。赤みを帯びた赤ずいきを使って、白ワインベースのコンポートに仕立てます。

ずいきのコンポート

ずいきのコンポート。

アクの強いずいきの調理法は、酢水に20分ほど漬けることから始まります。アク抜きは欠かせない工程になります。アク抜きしたら、酢を加えた熱湯で短時間湯がきます。

スポンサーリンク

疲労回復や便秘解消にも効果あり

淡白な味のずいきですが、疲労回復効果もあるようです。

夏バテ気味の身体にはおすすめしたい食材ですね。里芋にも食物繊維が豊富に含まれていますが、ずいきにも便秘解消の効果が期待されます。

縁側の手摺り

縁側の手摺り。

中庭との境目に設けられており、自然の木を利用しています。

左右に自然のままのカーブを描く横木が印象的です。

鯛のあら炊き

鯛のあら炊き。

炊き合わせには三輪素麺、ひも唐辛子、宇陀牛蒡などの地元食材を使いました。

ずいきのコンポート

酢の物や和え物の食材にするのが定番ですが、デザートに使ってみても面白いですね。

ずいきにも色々種類があって、赤ずいきを軟白栽培したものを白だつと言います。さらには、ずいき専用種から作るものがはす芋(青ずいき)です。ハス芋は高知が主産地で、春から夏にかけて旬を迎えます。

ずいきのコンポート

9月は巨峰も美味しい季節ですね。

無花果などもまだ市場に出回っています。

お彼岸を過ぎて10月になれば、いよいよ奈良の柿が熟してくる頃です。