屋敷山古墳と城跡

国指定史跡の屋敷山古墳を訪れて参りました。

とある秋の休日、パワースポット高鴨神社を目指して葛城方面へ車を走らせました。大和高田バイパスを下りて県道30号線を南へ向かっていると、右手に屋敷山公園が見えて参りました。今回の目的地はあくまでも高鴨神社だったので、そのまま素通りして帰り際に立ち寄ることにします。

葛城山麓の屋敷山公園は、総面積約5万8千平方メートルの総合史跡公園として整備されています。古墳周辺が公園として整備されている点では、馬見丘陵公園とも性格を一にしていますね。

屋敷山公園

屋敷山公園の池の畔に百日紅の花が咲いていました。

訪れたのは9月半ばでしたが、この時期でもまだ花が残っているんですね。サルスベリは「百日紅(さるすべり)」と書くだけあって、その花期の長いことでも知られます。

スポンサードリンク

古代豪族葛城氏の首長墓(前方後円墳)

屋敷山古墳は全長135m以上の前方後円墳です。

築造年代は西暦470年頃とされ、古代豪族の葛城氏に関係する古墳と言われます。葛城市最大の前方後円墳ですが、江戸時代に陣屋が築かれていたこともあり、残念ながら既にその墳形は崩れています。

屋敷山古墳の特徴ですが、竪穴式石室に長持形石棺が納められていたと言います。

屋敷山古墳の墳丘復元図

屋敷山古墳の墳丘復元図。

後円部径約77m、後円部高約15m、前方部幅約90mと案内されています。

古墳時代中期に築造された屋敷山古墳なのですが、戦国時代になると領主・布施氏の館がこの場所に築かれました。さらに、江戸時代には大名桑山氏の陣屋が築かれた歴史があります。時の権力者から見れば、立地的に大変魅力的な古墳だったのではないでしょうか。

大名の桑山氏と言えば、関ヶ原の合戦が思い起こされます。徳川方に付いて大名に取り立てられた桑山一晴の名前が浮かび上がります。歴史を物語るせっかくの巨大前方後円墳だったのですが、桑山氏は古墳の全構造を利用して陣屋を築くことになります。墳丘復元図を見ても分かりますが、古墳の周囲には濠も見られます。桑山氏はこの濠も、お城の掘として利用したそうです。

屋敷山古墳の墳頂

屋敷山古墳後円部の墳頂付近。

屋敷山古墳は墳丘に登ることができます。屋敷山公園の池の畔から、こんもりと盛り上がる墳丘を登って行きます。階段も整備されていて、ほんのわずかの時間で頂上に辿り着きます。

屋敷山古墳の木

木立も見られ、辺りはとても静かでした。

特に目立ったものもなく、ただただ自然体でそこに存在していました。少しだけ視界は開けていますので、景色を楽しみながら時間を潰すのもいいかもしれません。

ちなみに屋敷山古墳の名前の由来ですが、中世以降ここに布施氏の居館があったり、桑山氏が陣屋を築いて周辺に屋敷を構えたことに由来しています。屋敷を構えたから屋敷山古墳、実に分かりやすい命名です。

毒蛇注意

墳丘へ続く階段脇に、毒蛇注意の案内がありました。

コミカルに描かれている毒蛇ですが、笑い事ではありません。見学者には十分な注意が必要ですね。

屋敷山古墳

アクセス道には小さな花も咲いていました。

石室の天井石が屋敷山公園内に置かれているようなのですが、残念ながら私は見つけることができませんでした。比較的遺物の少ない屋敷山古墳だけに、その貴重な名残を見ておきたかったですね。ちなみに長持形石棺の部材は、近くの葛城市歴史博物館に展示されています。見学希望の方は、是非一度葛城市歴史博物館を訪れてみて下さい。

新庄城跡の石柱が建つ屋敷山公園

屋敷山古墳のある屋敷山公園ですが、様々なイベントでも利用されているようです。

最近では屋敷山公園の駐車場で、日本クラシックカーラリーが開催されました。葛城市を起点に、奈良県内の約130㎞走行するというラリーイベントです。往年のクラシックカーから最新のスーパーカーまで、バラエティに富んだ車両が大和路を駆け抜ける人気イベントです。数年前にも大神神社周辺に芸能人の近藤真彦(マッチ)さんが来たということで話題になったイベントですね。

屋敷山公園のオブジェ

これは屋敷山公園のオブジェでしょうか。

何を表しているのか分かりませんが、思わず写真に収めたくなるインパクトがありました(笑)

屋敷山公園

緩やかな階段が続いています。

屋敷山公園敷地内には屋敷山古墳はもとより、グラウンド、公民館、体育館、図書館等があり、文化・スポーツの活動拠点にもなっています。毎年5月には公園まつり、さらに7月には納涼花火大会が行われる会場となります。

屋敷山公園のハト

緩やかなカーブを描く太鼓橋に鳩が群れていました。

橋の近くに鯉のエサを販売する自販機がありましたので、おそらくそのおこぼれを頂戴しに来たのではないでしょうか。

屋敷山公園の鯉

私はエサを手にしていませんでしたが、橋の上を通りかかるだけで口をパクパク!

条件反射なのでしょうか、おびただしい数の鯉が私めがけて集まって来るではありませんか(笑) 思わず身を引いてしまいました。

新庄城跡

橋を渡ってしばらく進むと、「新庄城址」と刻まれた石標が建っていました。

これを目にした時、こんな所に昔お城があったのかと半信半疑でしたが、屋敷山古墳の歴史を知る過程で納得した次第です。

新庄城跡

大奥、御蔵、台所等々の城の見取り図が案内されていました。

城の俯瞰図になっていますが、その輪郭には前方後円墳の名残が感じられます。

屋敷山公園

現在も使われている葛城市の新庄(しんじょう)という地名ですが、これは中世の地名とされます。

古代葛城の中心地であり、葛城御縣神社の鎮座地としても知られます。昨今訪れた忍海角刺宮跡も記憶に新しいところですね。

屋敷山公園の池

池の水を調節する弁でしょうか。

よく晴れた屋敷山公園内には、お弁当を広げて寛ぐ人も数人見られました。

屋敷山公園の池

噴水がY字に飛び出し、水面に波紋が広がっていました。

屋敷山古墳の東側に水を湛えるこの池は、前方後円墳の周濠の名残なのでしょうか。

発掘調査は既に1972年と1988年に行われています。

出土遺物としては家型埴輪片、円筒埴輪片、器財埴輪片、金銅製鉄製品、ガラス製小玉などがあります。被葬者は古代豪族・葛城氏の首長と断定されたわけではありませんが、ほぼ間違いはないのではないでしょうか。

屋敷山公園のブランコ

公園にはブランコもありました。

どの辺りに花火が上がるのでしょうか。ブランコを漕ぎながら夜空を焦がす花火を見てみたいものですね。

葛城一言主神社

葛城一言主神社

屋敷山公園からさらに県道30号線を進んだ所に鎮座しています。

葛城古道には歴史を感じさせる寺社がたくさんあります。東の山の辺の道とよく比較される西の葛城古道ですが、山の辺の道に匹敵するハイキングコースとして人気を集めています。

蓮花ちゃんの自動販売機

屋敷山公園内の自動販売機。

葛城市マスコットキャラクターの蓮花ちゃんが描かれています。

せんとくんとの恋物語が気になるところですが、すっかり葛城市のシンボルとして定着した感がありますね。

<屋敷山古墳の見学案内>

  • 住所  :奈良県葛城市南藤井17(屋敷山公園内)
  • アクセス:近鉄新庄駅より徒歩15分
  • 利用時間:午前9時から午後5時
  • 駐車場 :有り(無料)