角刺神社の由来!高城なる角刺宮

葛城市忍海に鎮座する角刺神社。

近鉄御所線忍海駅を降りて川に架かる橋を渡り、駅の西側に出ます。駐在所の角を曲がって進むと、角刺神社の境内が見えて参ります。

角刺宮

角刺神社は飯豊天皇の執政地・角刺宮跡に当たります。

古代豪族の葛城市の本拠地でもあり、歴史にその名を刻む名所です。

葛城市の角刺神社!分水石を見学
近鉄忍海駅近くの葛城市歴史博物館から、線路沿いに南へ取り、さらに右に曲がってしばらく進むと、史上初の女性天皇とも伝えられる飯豊青命(いいとよあおのみこと)を祀る角刺神社が鎮座しています。 境内の片隅に分水石が祀られていました。...

スポンサーリンク

蓮糸を採取した鏡池!中将姫の曼荼羅

この角刺(つのさし)という名前ですが、実は「葛城」と同義語ではないかと思われます。

角刺の角はカド・ツルで「葛」に通じ、刺はサシ(城)を意味しています。

角刺神社の鏡池

角刺神社境内横の鏡池。

当麻寺の中将姫が曼荼羅を織るために、この池から蓮糸を採取したと伝わります。

角刺神社の分水石

角刺神社境内に祀られる分水石。

飯豊天皇が朝政を執った角刺宮。

日本書紀には、「 倭辺(やまとべ)に 見が欲しものは 忍海(おしぬみ)の この高城(たかき)なる 角刺宮 」と記されています。立派な建物が建っていたことが脳裏に浮かびます。

古語辞典を紐解くと、城(さし)は古代朝鮮語で城のことを意味しています。漢字だけを見れば、何やら刺々しさを感じさせる角刺神社ですが、その意味するところは「葛城」そのものなのかもしれません。

東の大和政権に西の葛城王朝。

東の三輪山に西の二上山、東の山の辺の道に西の葛城古道。とかく比較されがちな東西の古代観光エリアではありますが、今の忍海駅近くには「高城なる角刺宮」があったことを再確認しておきましょう。