耳無井!空海が掘った耳成山西麓の井戸

耳成山の西麓に「耳無井」という井戸があります。

平安時代に空海が掘った井戸と伝えられ、別名を大師井戸とも言います。

耳無井戸

耳無井戸。

井戸といえば、どこかパワースポットの匂いがしてきます。

清正井はあまりにも有名ですが、歴史ロマンあふれる大和三山の麓に湧く「耳無井」にも、ひとかたならぬスピリチュアルメッセージを感じます。

スポンサーリンク

ペットボトル持参の大師井戸

奈良県内には空海が掘ったという井戸が幾つかあります。

ここ橿原市の「耳無井」の他にも、桜井市の「弘法の井戸」、大和高田市の「有井弘法井戸」、大淀町の「薬水の弘法大師井戸」等々が伝わります。井戸の数からも空海人気を偲ばせます。

耳成山と花

奇麗な花の向こうに見えるのが耳成山。

耳成山の西麓から伸びる、登山口(木原坂)の入口に井戸はあります。

耳無井戸

とても清潔な印象を受けました。

手入れの行き届いた井戸です。

しばらくすると、近所にお住まいの方でしょうか、ペットボトル持参で耳無井にやって来られました。おそらくこの辺りでは、霊泉として敬われているのではないでしょうか。

耳無井の案内板

耳無井戸の説明書きがありました。

「大和志」には、”耳無井 耳無山西北 清冷甘美” と記されているようです。

耳成山登山口

井戸の横が登山口になっていて、耳成山口神社~頂上へと続きます。

耳成山の名前の由来ですが、なだらかな円錐形の山容で、人の顔に例えるなら耳が無いような形をしているから・・・というお話を伺ったことがあります。

「大和志」にも記されている通り、元来は”耳無山”だったようですね。

耳成山の麓には、口無しの井戸や目隠し川もあったと伝わります。目、口、耳といずれも人体に関係する名前が連なります。耳成山の七不思議といったところでしょうか(^.^)