黒メバルの刺身

初夏によく目にする黒メバル。

外洋に面した岩礁域に生息します。メバル(目張)には黒メバルの他にも、赤メバルや金メバルなどがいますが、全て同じ魚のようです。生息域によって色が変化します。黒メバルは外洋付近にいて、メバルの中でも味が良いことで知られます。

黒メバル

黒メバル。

「目張(めばる)」と言うだけあって、大きな目が特徴です。エラぶたに棘があり、扱いには注意が必要です。

スポンサーリンク

身離れのいい白身魚!定番料理は煮付け

黒メバルの定番料理は煮付けです。

あっさりとした白身を少量の出汁で煮付けると、得も言われぬ味になります。今回は刺身にして頂きましたが、ほんのり甘味が感じられて良かったです。

黒メバルの刺身

黒メバルの刺身。

その外見とは裏腹に、透き通るような白身です。皮も大変美味しく、湯引きにするのがおすすめです。アラからもいい出汁が出ます。落とした頭はあら炊きにして頂きました。

黒メバルの刺身は、熟成させるとなお美味しくなると聞きます。塩を振ってキッチンペーパーでくるみ、さらにその上からラップをして冷蔵庫で寝かせます。次回挑戦してみようと思います。

大和茶インビジブル

大和茶インビジブル。

萌え断料理の一種ですが、毎年お茶の季節にはアレンジを加えながら作る予定です。

黒メバル

体色の赤い赤メバルは、浅い岩礁域に生息しています。

それに対し、黒メバルは外洋に面した岩礁域です。ちょっとだけ外海へ冒険に出ているわけですね。今まで違う種類だと思っていましたが、同じ魚なんです。これは新たな発見でした。