ホウボウの姿造り

晩秋から冬にかけて旬を迎えるホウボウ。

「這う魚」として知られ、方々歩き回るところからホウボウと名付けられたようです。

カサゴ目ホウボウ科に属する魚で、その白身は鯛にも匹敵するぐらいの美味しさです。

ホウボウの姿造り

ホウボウの姿造り。

ホウボウの最大の特徴は、何と言っても大きく広がる胸ビレです。

よく見てみると、胸びれの付け根下側に3対の軟条が出ています。紐状に赤く伸びた軟条を脚のように動かして海底を歩きます。感覚器官の役目も担い、ホウボウにとっては無くてはならない部位となっています。

スポンサーリンク

お食い初めにも使われる”鳴く魚”

ホウボウは漢字で「魴鮄」と書きます。

半円状に広がる綺麗な胸鰭を持ち、姿造りにするとよく映えます。飛魚やアイナメなども大きな胸鰭を持ちますが、ホウボウのそれは鮮やかな青緑色です。

ホウボウの姿造り

羽を広げるホウボウ!

鯛や金目鯛と同じく、お食い初めの食材としても重用されます。

昔からホウボウの味の良さは有名で、江戸時代には「君の魚」と呼ばれ上流階級に好まれました。

ホウボウの中骨

ホウボウの中骨。

弓のようにしなっています。

頭に近いほど頑丈で太い骨が通ります。骨抜きでグイっと引き抜くのですが、これだけカーブを描く中骨は珍しいでしょう。

やはりホウボウは刺身で頂くに限ります。焼魚にすると、かなり身が締まってしまいます。捌いた後のアラからはいい出汁が出ます。ホウボウと言えばブイヤベースですから、骨の髄まで使い切るようにしましょう。

ホウボウの姿造り

四角い頭。

ホウボウは浮き袋を振動させて「グググ、グーグー」と鳴きます。この硬くて四角い頭も、音の振動に一役買っているのではないでしょうか。

ホウボウの顔

独特な顔をしています。

浮き袋や肝も大変美味です。

かつては高級魚だったホウボウですが、最近では比較的お手頃価格で出回ります。

ホウボウの姿造り

これから冬にかけて益々脂がのってくるホウボウ。

大型のホウボウが入荷すれば、迷わず積極的に献立に加えていこうと思います。