ヒメの煮付け

深海魚のヒメを煮付けてみました。

前回は刺身で頂きましたが、柔らかい身で小骨の多い魚です。

見た目が華やかで、グロテスクな種類が多い深海魚の中にあって異色の存在です。

ヒメの煮付け

ヒメの煮付け。

オオコシオリエビや玉ねぎと合わせてみました。あっさりと美味しく、煮物にも向いていますね。

ヒメの姿造り!深海のお姫様
見た目の綺麗な深海魚が入荷しました。 ヒメ目ヒメ科に分類される姫(ひめ)。深海に棲息するお姫様です。 トラギスかなと思ったのですが、模様が少し違います。ヒメならではのオレンジ色の斑紋が実に鮮やかです。視界に飛び込んでくる美しさか...

スポンサーリンク

市場に流通しないヒメ!トンボ、オキハゼの別名も

ヒメの漁獲数は多くないようです。

まとまって獲れないため、市場に出回ることはありません。

今回のヒメも、西伊豆の戸田漁港から送って頂きました。ヒメには別名が多く、トラハゼやオキハゼ、トンボなどと呼ばれたりもします。

深海魚ヒメ

ヒメの全身。

尾びれの手前、背中側に脂鰭が見えます。

ちょうど小指の右側の位置ですね。鮭などにも付いている脂鰭は古代魚の証とも言われます。鱗は比較的大きく、はがれやすいのが特徴です。鱗取りでバラ引きにする必要もなく、包丁でこそげ取ることができます。

ヒメ、ユメカサゴ、アカカサゴ

ヒメの下にはユメカサゴ、上に見えているのはアカカサゴですね。

深海の魚たちには赤いものが多いんですが、水族館では光の関係で赤く見えないのが残念です。生息環境の深海でも目立たない色のようです。不思議ですね。