すだれ貝の酒蒸し

個体数の少ないスダレ貝。

大根葉とニンニクが手元にあったので、酒蒸しにしてみました。

長時間火を通すと硬くなるので、蒸し時間は短めに仕上げます。

すだれ貝の酒蒸し

すだれ貝の酒蒸し。

一応市場からはスダレガイということで入荷しましたが、よ~く見てみると近縁種のアケガイにも似ているような気がします。見分け方は殻頂部の溝の深さをチェックします。スダレガイは蝶番に近い殻頂部も溝が深く、アケガイは浅くなっているようです。見てみたところどちらとも取れますが、やや溝が浅くなっているような気もします。

スポンサーリンク

同心円状に広がる簾状の輪脈!4条の褐色放射帯

すだれ貝の名前の由来は、殻頂部から同心円状に広がる輪脈です。

スダレを描くように輪脈が広がっていることから「簾貝(すだれがい)」と名付けられました。貝殻の表面には4本の帯状ラインも見られます。

すだれ貝

すだれ貝。

表面に溝を刻みます。

蝶番に向かって、やや溝が浅くなっているような気もします。浅い溝はアケガイの特徴であり、判別が難しいところですね。

コリンキーと大根の菊花飾り

コリンキーと大根の菊花飾り。

生食できるカボチャとして売り出し中のコリンキー。

試しに桂剥きにしてみましたが、なんとか形になりました。コリンキーを使えば、菊花本来の色合いで演出が可能になります。

すだれ貝の文様

英名を grooved paphia と言います。

groove は”溝”を意味します。よくグルーヴミュージックと表現したりしますが、レコードの溝に由来する言葉ですよね。

すだれ貝の酒蒸し

梅雨真っ只中ではありますが、この日は梅雨の合間の晴天でした。

夏バテ予防にはニンニクを摂取しておきたいところです。酒蒸し料理はちょうどよい巡り合わせでした。

すだれ貝

すだれ貝の収穫は4月から6月に掛けてと言われます。

ほとんど流通することのない貝のようです。