冬が旬!赤貝のお造り

寒い季節に旬を迎える赤貝。

貝類には珍しい”赤い身”をした赤貝のお造りをご案内致します。

赤貝のお造り

赤貝のお造り。

赤貝の貝殻はこんもりとしていて、殻の中の深みがあります。

今回はお刺身を盛り付けてみましたが、グラタン皿として利用するのも面白いかなと思います。グラタンにする場合は、中身を赤貝にするケースは稀でしょうから、家盛り料理とはいきませんけれどね(笑)

スポンサードリンク

閖上産の赤貝&サルボオ貝

極上の赤貝といえば、宮城県閖上(ゆりあげ)産の赤貝が有名です。

一流の寿司職人の元にしか卸されないという幻の赤貝です。

赤貝の旬は2月から3月にかけての冬ですが、その代用品として出回る猿頬貝(さるぼおがい)もよく知られます。サルボオガイは別名モガイとも言い、赤貝よりも一回り小さいサイズです。身の色もやや薄目で、一見して区別がつきます。缶詰にされた赤貝はほぼサルボオガイだと言われます。

赤貝のお造り

韓国からの輸入物が多い赤貝ですが、お寿司のネタとしても人気がありますよね。

コリコリとした食感が美味しい赤貝。

赤貝のさばき方をマスターするには、この動画がおすすめです。

実に分かりやすいです。

赤貝特有の赤い汁が俎板の上に流出します。

赤貝のお造り

半分に開いてヒレを付ける・・・そんな感じでしょうか。

赤貝を食べてパワーチャージしてみませんか?

Tags: