スポンサーリンク
大正楼料理

石垣鯛の姿造り

新鮮な石垣鯛が入荷しました。 黒ヒョウのような紋様が特徴の魚です。その引き締まった白身はとても美味しく、刺身として頂くのがおすすめです。 石垣鯛の姿造り。 体長は30cmほどだったでしょうか、そんなに大きくはない個...
大正楼料理

オコゼの姿造り

オコゼの姿造りをお出ししました。 背ビレに毒がある魚ですので、捌く際には注意が必要です。 三枚おろしの前に、まずはキッチンばさみで背ビレを切り落とします。取り除いた後も細心の注意を払い、炭化するまで焼いてから廃棄処分にしました。...
大正楼料理

アカハタの焼霜造り

アカハタを焼霜造りにして頂きました。 漢字で書くと「赤羽太」で、ハタ科の高級魚です。 食材の片身は皮を引き、もう片方の身は皮付きのままバーナーで炙りました。 アカハタの焼霜造り。 口に含んだ時、香ばしい香りが...
宴会 同窓会

飛魚の姿造り!トンボ人参とワラビ大根

飛魚を一番活かせる料理法、それは姿造りでしょう。 滑空する胸鰭そのままに盛り付けます。塩焼きや揚げ物では難しい演出ですね。なめろうにしても美味しい魚ですが、今回は削ぎ切りにした刺身で頂きます。 飛び魚の姿造り。 胸...
大正楼料理

アカハタのあら炊き!三輪そうめん添え

高級魚のアカハタが入荷しました。 刺身の後に残ったアラは兜煮にして頂きます。 骨の旨味をそうめんや野菜に乗せ、全体のバランスを整えます。鯛のあら炊きは定番ですが、脂の乗ったアカハタも最高の味わいでした。 アカハタの...
大正楼料理

メジナの姿造り!土台の作り方

新鮮なメジナが入荷しました。 脂の乗ったアジも入り、久しぶりに姿造りにしてお出しします。人参や胡瓜の飾り切りも添え、主役のメジナを引き立てます。メジナの旬は晩秋から初春で、そろそろ食べ納めの時期になりました。 メジナの姿...
大正楼料理

大羽いわしの生鮨!大和芋仕立て

大振りの「大羽(おおば)イワシ」が入荷しました。 定番の鰯辛煮も飽きてきたので生鮨(きずし)で頂くことにします。 鰯は主に三種類で、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシに分類されます。大羽いわしは真鰯(まいわし)のことで、マイ...
大正楼料理

黒メバルの刺身

初夏によく目にする黒メバル。 外洋に面した岩礁域に生息します。メバル(目張)には黒メバルの他にも、赤メバルや金メバルなどがいますが、全て同じ魚のようです。生息域によって色が変化します。黒メバルは外洋付近にいて、メバルの中でも味が良いこ...
大正楼料理

コショウダイの刺身

春先から初夏にかけて旨いコショウダイ。 まるで胡椒を振りかけたような模様が特徴の魚です。刺身にしても美味しく頂けます! コショウダイの刺身。 コショウダイの鰭(ひれ)をお皿に盛ってみました。
日本語の意味

金魚の蝶尾!レッサーパンダ

金魚養殖が盛んな大和郡山市。 近鉄沿線にも多くの養殖池があり、目にする人も多いでしょう。一口に金魚と言っても、様々な品種があります。そこで、今回は蝶尾(ちょうび)をご紹介します。 蝶尾とは金魚の一品種で、蝶のような尾びれを持つ中...
スポンサーリンク