柳本大塚古墳!上ツ道沿いの柄鏡式古墳

天理市柳本町にある柳本大塚古墳を訪れました。

JR柳本駅よりも、むしろ巻向駅に近いことに気付きます。上ツ道沿いにあり、前方部を南に向けていました。周囲には石名塚古墳やノベラ古墳があり、一つの古墳支群を形成しています。

柳本大塚古墳と三輪山

柳本大塚古墳と三輪山。

墳丘の北から撮影しています。手前に見えている墳丘は後円部ということになるでしょう。

柳本大塚古墳で思い出すのが”残存木棺”ですね。

大神教本院の割竹形木棺
割竹形木棺(わりたけがたもっかん)。 古墳時代前期に多く見られる棺で、丸太を縦二つ割りにした刳り抜き式です。黒塚古墳の石室内からも見つかっていますが、同じタイプの棺がなんと大神教本院の額にも転用されていました。 大神教本...

大神神社の一の鳥居奥に、大神教本院があります。

そこの額に使用されているのが、柳本大塚古墳の割竹形木棺なんです。ご興味のある方は、是非一度見学に訪れてみて下さい。

スポンサーリンク

内行花文鏡出土!箸墓古墳を遠望する前方後円墳

柳本大塚古墳の墳形は前方後円墳です。

前方後円墳の中でも一種独特な形をしており、柄鏡式(えかがみしき)と称されます。前方部が特に細く、くびれ部幅と前方部の幅が変わらないものを指します。代表的な柄鏡式古墳としては、桜井茶臼山古墳が知られます。

柳本大塚古墳

南東方向から柳本大塚古墳を見ます。

墳丘上には木が生い茂り、墳形が分かりづらくなっていますね。左手前が前方部に当たります。

柳本大塚古墳から望む箸墓古墳

後円部から望む箸墓古墳。

くっきりと箸墓が見えますね。横から見る前方後円墳もいいものです。左側の後円部が盛り上がり、高低差が付いているのが分かります。

柳本大塚古墳の墳丘は民有地です。

今回は前方部脇で農作業中の方に許可を得ることが出来ました。墳丘見学の際は、周りへの配慮を忘れないようにしましょう。至る所に農作物が栽培されていますので、決して踏み荒らすことのないよう細心の注意が必要です。

柳本大塚古墳の墳丘

前方部から後円部へ続く坂道。

柳本大塚古墳も前方部が低く、後円部が高くなっています。

この道は見学路ではなく、あくまでも農道であることを忘れてはいけません。

柳本大塚古墳から望む三輪山

後円部から望む三輪山。

柳本大塚古墳の埋葬施設は竪穴式石室だったようです。

竪穴式石室に接した小石室からは内行花文鏡が出土しています。この内行花文鏡は遺体に副葬されたものではなく、葬送儀礼用に作られたものでしょう。無事に葬送儀礼を終えた後、小石室に埋葬された可能性が指摘されます。

山田農家組合看板と柳本大塚古墳

山田農家組合の注意書き。

立札の奥に見えている墳丘は後円部です。

石名塚古墳

上ツ道沿いの池に沿って、北へ向かうと石名塚古墳にアクセスします。

ここからも石名塚古墳の墳丘が見えていますね。石名塚古墳の北西方向の隆起はノベラ古墳でしょうか。

山の辺病院

南西方向には山の辺病院が見えます。

桜井市草川にある山の辺病院は、JRの線路西側に位置しています。

柳本大塚古墳の見学を終え、前方部の南へ出ます。そこから東へ伸びる一本の道がありました。かなり遠い距離ではありますが、遥か東方に鳥居が見えています。

景行天皇陵

景行天皇陵(渋谷向山古墳)。

どうやら鳥居の正体は景行天皇陵だったようです。ほぼ一直線でつながっていることに感動しました。

景行天皇陵

宮内庁管轄の御陵です。

立ち入りは固く禁じられています。つい先日、ヲカタ塚古墳から見下ろした景行天皇陵の風景は見事でした。全長300mの前方後円墳は日本有数の規模を誇ります。

景行天皇陵から望む三輪山

景行天皇陵から望む三輪山。

大和のあちこちから見える三輪山。見る場所によって表情を変えるところも、見飽きない一因なのでしょう。

柳本大塚古墳

柳本大塚古墳の前方部。

この辺りで農作業中の方にお声掛けしました。

すぐ西をJR万葉まほろば線の線路が通っています。ひょっとすると電車の中からも確認できるのかもしれませんね。あるいは民家に邪魔されるかな?線路からの距離ではノベラ古墳が最も近く、石名塚古墳、柳本大塚古墳と続きます。