ヲカタ塚古墳とカマアゲ池!絶景スポット

一つの到達点に行ったような気がします。

天理市渋谷町のヲカタ塚古墳。

景行天皇陵の北東方向にあるビュースポットで、帆立貝式の前方後円墳です。山の辺の道の東方に、景色の素晴らしい池があると聞いたことがあります。水口神社の駐車場脇には周辺地図があり、ヲカタ塚古墳への道のりが案内されていました。

ヲカタ塚古墳

ヲカタ塚古墳とカマアゲ池。

遥か西には二上山を望みます。

池の眺望スポットということで、檜原神社西の井寺池をイメージしていましたが、期待を上回る素敵な場所です。人工物のほぼ見られない「自然の展望台」でした!

スポンサーリンク

ヤマトタケルが偲んだ絶景!景行天皇陵や大和三山を眼下に収める古墳

石川五右衛門の名台詞「絶景かな、絶景かな」。

京都の南禅寺三門で口にしたというセリフですが、遥かにその上をいくでしょう。

ヲカタ塚古墳から見下ろす風景は、かの日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が目にしていたであろう古代憧憬にも重なります。

景行天皇陵、耳成山、畝傍山

手前から景行天皇陵、耳成山、畝傍山。

さらにその背後には葛城、金剛山系が展開します。思わず言葉を失う絶景ですね。

景行天皇陵は前方後円墳で、第12代景行天皇の陵です。

景行天皇の子であったヤマトタケルは、父親の命で大和の地を離れ、全国平定に奔走します。戦いを終えて大和へ帰る途中、力尽きて最期を迎えます。故郷の大和を慕いながら、帰り着くことなく息絶えたヤマトタケル。彼の魂は白鳥となり、飛んで行ったと伝わります。

ヲカタ塚古墳とカマアゲ池

現在は円墳状のヲカタ塚古墳。

前方部の短い”帆立貝式前方後円墳”で、全長は55mです。かつては前方部を北東に向けた古墳とされましたが、近年の天理大学によるレーダー探査により、前方部を南西に向けた全長130m以上の古墳と判明しています。被葬者もよく分かっておらず、多くの謎に包まれた古墳のようです。

カマアゲ池のフェンス

池の周りのフェンスに白いものがこびり付いています(^.^)

綺麗なグリーンの墳丘ですが、その手前の池が美しいコントラストとして浮かび上がります。

ヲカタ塚古墳と花

さらに上手から撮影。

随分開けた場所に葬られ、被葬者も幸せだったのではないでしょうか。

景行天皇陵の南には、お宮跡の纒向日代宮(まきむくひしろのみや)があります。想像の域は出ませんが、ヤマトタケルもこの辺りで育ったことでしょう。

スポンサーリンク

バス停渋谷から向かうアクセス道

ヲカタ塚古墳への行き方ですが、二つの起点があります。

国道169号線から東へ行く場合と、山の辺の道から東へ行く場合です。山の辺の道の合流地点からは同じルートを辿ることになります。

渋谷バス停

国道169号線沿いの奈良交通バス停「渋谷」。

渋谷から一つ南は「相撲神社口」になります。

今回、私は崇神天皇陵の駐車場に車を停めて南へ歩きました。バス停「渋谷」から東、渋谷の集落へ入ります。ちなみに景行天皇陵には、渋谷向山古墳(しぶたにむかいやまこふん)という別名があり、この辺りの地名であることが分かります。

天理市渋谷町

東へ進むと、こんな場所に出ます。

石垣の上に建つ民家ですが、このポイントは左でも右でもどちらでもOKです。とにかく東へ上がって行けば、途中で合流します。最短距離なら右へ進みましょう。

渋谷町集落の花

初夏の花と石灯籠。

西へ振り返ると、燈籠の横には石碑のようなものも見られました。

山の辺の道の道標

さらに東へ上がって行くと、山の辺の道の道標があります。

景行天皇陵と崇神天皇陵のちょうど中間点ですね。

数年前に山の辺の道を踏破したことがありますので、この地点は通過したはずです。ここから山の辺の道を一旦外れ、東の山手を目指します。

ヲカタ塚古墳の周辺地図

ヲカタ塚古墳の周辺地図。

麓の水口神社前に掲示されている地図ですが、とても分かりやすいですね。

ヲカタ塚古墳へ続くアクセスルートには彼岸花が咲くようです。秋に再訪する価値はありそうですね。さらに上手には枝垂桜も開花します。今回の見学では新緑が綺麗でしたが、四季を通じて色んな表情が楽しめそうです。

地図上にもある櫛山古墳は以前に訪れました。

双方中円墳の櫛山古墳
キャンディー型古墳と言われる櫛山古墳。 袋の両端を縛って包装されるキャンディー。ちょうどその形状を思わせる古墳が天理市柳本町にあります。崇神天皇陵(行燈山古墳)や景行天皇陵(渋谷向山古墳)などの大型前方後円墳が集まる柳本古墳群。この辺...

キャンディー型の双方中円墳は珍しく、一見の価値があります。

景行天皇陵の東に見えるシュロ塚古墳、陪塚は号も気になりますね。次回訪れてみようと思います。

ヲカタ塚古墳アクセスルート

ヲカタ塚古墳のアクセス道(農道)を上がって行くと、右手に三輪山が見えます。

黄緑色に染まる山肌は、今の時期ならではですね。

ヲカタ塚古墳アクセスルート

農道と案山子。

左前方に、わずかに墳丘が見えています。

ヲカタ塚古墳

これです、コレ。

円形にぷっくりと盛り上がっています。

ヲカタ塚古墳アクセスルート

長閑なアクセス道です。

近くの農家の方々が利用する道ですが、天空の古墳へと続くルートでもあります。

アクセス道の上手にも果樹園があり、”有害鳥獣捕獲許可” と記された注意書きがありました。天理市ではイノシシやニホンジカを捕獲するため、山中に捕獲用の足くくり罠が設置されているようです。ワナの目印として札が掛かっていますので、山中に足を踏み入れる場合は注意が必要です。

ヲカタ塚古墳の絶景

絶景かな!

生駒山系から二上山への山並み。手前に広がる大和平野には、人々の暮らしが映し出されます。

日本武尊の案内板

「ヤマトタケルが最期に偲んだ倭(やまと)」

愛しい后を失い、倭が身も果てようとする時に詠われた有名な歌謡・・・ヲカタ塚古墳の手前に、”倭は国のまほろば” の歌が案内されていました。三重県能煩野(のぼの)で燃え尽きた魂は、白鳥となって西の空へ飛び立ちます・・・その行き着いた先には様々な伝説が残っています。

ヤマトタケルが最期に偲んだ倭

同じような風景をヤマトタケルも見ていたのでしょうか。

時間だけを滑らせて遥か古代に戻った時、同じような空間を共有出来たら嬉しいですね。

景行天皇陵、水口神社

手前に二つの社叢が見えます。

左が景行天皇陵、右は景行天皇陵の陪塚ですね。陪塚は宮内庁の管轄ですが、上の山古墳とも呼ばれているようです。国道側には水口神社も鎮座しており、地元の長老にお伺いすると「アレはお宮さんや」と教えて頂きました。

ヲカタ塚古墳

フェンスの横を通ってヲカタ塚古墳へ近づきます。

かなり近くまで寄ることができました。

ヲカタ塚古墳の墳丘

ヲカタ塚古墳の墳丘。

墳丘の上には登れません。フェンス越しに残存する墳丘を撮影しました。

スポンサーリンク

龍王山古墳群への入口付近!水音に涼む高地

ヲカタ塚古墳から上手の山中には、古墳の石室が開口しているようです。

龍王山古墳群は全国最大級の群集墳で、あちこちに横穴式石室が見られます。今回は時間の都合で足を延ばしませんでしたが、いつか龍王山古墳群も見てみたいと思います。

ヲカタ塚古墳の絶景

それにしても絶景です。

写真では伝わらないのが残念ですが、現地へ行けば納得がいきます。

ゆる~く、大きな気持ちにさせてくれる場所です。

アザミ

もう終わりかけですが、アザミも咲いていました。

大和三山があんなに小さく見える・・・まるで立体模型を見下ろしているかのようです。

ヲカタ塚古墳とカマアゲ池

静かに水をたたえるカマアゲ池。

頭の中には「池のビュースポット」と刷り込まれていました。それが今回、見事に古墳とつながりました。”古墳のある風景” だとは気付いていなかったのです。

その気付きを与えて下さったのが、神奈備工房の藤白小鈴さんです。田原本から穴師にかけての観光事情に精通なさっていて、いつも勉強させてもらっています。車で10分少々、そこからさらに徒歩で15分ほどの場所にも関わらず、今まで知らなかった穴場です。

ヲカタ塚古墳

こんな素敵な場所があるなんて。

まずは現地に足を運ぶことですね。

ヲカタ塚古墳

水辺の古墳もいいものです。

今まで数多くの古墳を訪れ、横穴式石室の中にも入って来ました。数を打ってきただけなのかもしれません。これまでとは異質の感慨に浸ります。

ヲカタ塚古墳上手

ヲカタ塚古墳からさらに上手へ行くと、こんな場所に出ました。

ここから先はなるべく控えて下さい、といった雰囲気ですね。地図を見ると、この先は龍王山登山の崇神ルートに通じているのかもしれません。

ヲカタ塚古墳

またもう一度振り返ります。

何回も確かめたくなる風景です。

ここらで見学を終え、来た道を戻ります。

ヲカタ塚古墳近くの暗渠

その道中、暗渠から水の音が聞こえてきます。

かなりの勢いで流れています。水の流れから、巻向山麓の車谷を思い出します。車谷には柿本人麻呂の万葉歌碑が建ち、清流の音が詠われます。急な流れを利用した水車から、「車谷(くるまだに)」という地名が生まれたと言います。

この辺りの水も綺麗なんでしょうね。

ヲカタ塚古墳近くの花

ムンムンと咲き誇ります。

虫たちが寄り集まり、生の営みが続いていました。

渋谷バス停

下って来ると、渋谷バス停の道案内が出ていました。

ヲカタ塚古墳の起点になるバス停ですので覚えておきましょう。

思えば東京の渋谷(しぶや)も起伏のある地形です。

大雨が降ると、渋谷の地下鉄は水浸しになると言います。谷底に位置する渋谷は、今も昔も変わりません。読み方こそ違いますが、天理市渋谷町も起伏に富んでいます。そのほぼ最高到達点にヲカタ塚古墳はあります。