天理市の渟名城入姫神社!大和神社摂社

第10代崇神天皇の皇女・渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)。

同床共殿ゆかりの皇族ですね。アマテラスに付けた豊鍬入姫に対し、ヤマトオオクニタマに付けた神様として知られます。上ツ道沿いの天理市岸田町に鎮座していました。

渟名城入姫神社拝殿

渟名城入姫神社拝殿。

大和神社の摂社で、御祭神は渟名城入姫命です。

三輪山麓の井戸!同床共殿の神勅
三輪山麓の”きよめの滝”へ上がって行く道中に井戸があります。 狭井神社の薬井戸はよく知られますが、ひっそりと佇むその姿に目が留まりました。 三輪山麓の井戸。 四方に忌竹が立ち、紙垂が下がります。 結界が張られ...

崇神天皇の御代、疫病が国内に蔓延したため、それまで皇居に祀られていたアマテラスとヤマトオオクニタマをそれぞれ皇居外で祀ることになりました。そこで、その斎王として白羽の矢が立ったのが渟名城入姫でした。倭大国魂神(やまとおおくにたま)は現在、大和神社の御祭神として祀られています。

スポンサーリンク

髪が抜け落ち、痩せ衰えた渟名城入姫!祭祀不能の皇女

皇居の外で祀られることになったヤマトオオクニタマ。

その大役を担った渟名城入姫ですが、どういう訳か祭祀不能に陥ったと伝わります。髪の毛が抜け、痩せ衰えた渟名城入姫はヤマトオオクニタマを祀ることが出来なかったと・・・。

渟名城入姫神社の道案内

上ツ道沿いの渟名城入姫神社案内板。

長岳寺五智堂から少し北へ行くと、左折するポイントに道案内がありました。これは分かりやすいですね。

渟名城入姫神社の道案内

民家の石垣にしっかりとかませてあります。

西方に木が植わっているのが見えます。

渟名城入姫神社

到着しました、渟名城入姫神社です。

割と透け透けの印象です。瑞垣は四方を囲うわけでもなく、見通しのいい境内です。

渟名城入姫神社

拝殿も”高足”といった感じですね。

手前右手には市場公民館と石仏群があり、反対方向には田畑と民家が広がっています。

渟名城入姫神社の鳥居

正面の石鳥居。

スタンダードな明神鳥居ですね。二本の柱を支える亀腹も小振りです。

渟名城入姫神社

遠市丸生誕地
渟名城入姫神社より西側 岸田町坂井周辺

遠市丸?謎の人物ですね。

渟名城入姫神社本殿

渟名城入姫神社の本殿。

拝殿奥にあり、注連縄には紙垂が下がります。

渟名城入姫神社の太神宮石碑

太神宮石碑と狛犬。

この辺りはかつて、お伊勢参りで賑わった街道沿いです。

渟名城入姫神社本殿

本殿の背後。

石垣の上の一段高い場所に祀られています。

脇にはかなり太い木の切り株がありました。御神木だったのかもしれません。

渟名城入姫神社の金比羅大権現

金比羅大権現。

神社やお寺など、各所に見られるコンピラさんです。

渟名城入姫神社の狛犬

狛犬の後ろ姿。

やや平面に立つ、この尻尾が好きです。

渟名城入姫神社案内板

渟名城入姫神社の案内。

例祭 4月1日 9月23日
人皇第10代崇神天皇は皇居(磯城水垣宮)に祀られた大和神社の神々を市磯邑(大和郷)に遷御遊ばされ皇女渟名城入姫命を斎王として親しく祀らしめ給う当社は同皇女を祀る。

渟名城入姫神社

西から境内へ振り返ります。

ここから北へ1㎞ほどの場所に大和神社があります。

大和神社の戦艦大和の模型
大和神社の境内で戦艦大和の模型を見学して参りました。 戦艦ヤマトの守護神であり、現在でも境内の祖霊社に伊藤整一命他が祀られている大和神社(おおやまとじんじゃ)。拝殿向かって左前に戦艦大和展示室が設けられており、誰でも自由に無料見学する...

観光的には戦艦大和の神社で通っていますが、古代史の重要ポイントである同床共殿の流れからも注目したいと思います。

渟名城入姫神社

歴史に残る疫病。

古今東西、伝染病との戦いが語られますが、崇神天皇のお話は日本史における最も古い記録です。疫病退散のために、皇女・渟名城入姫に祀らせたのです。失敗に終わったようですが、その理由は何だったのか知りたいところですね。

長い歴史のあらゆる場面に登場する疫病。

仏教容認をめぐる蘇我氏と物部氏の争いも、疫病をきっかけにして、百済伝来の仏像を難波池に捨て去ることになります。東大寺の大仏も疫病退散の願掛けだったと言います。2020年度を生きる私たちは今、時代の転換点にいるのかもしれませんね。