馬見丘陵公園の梅林

馬見丘陵公園の梅を見に行きました。

梅林の場所ですが、中央エリアの南端に当たります。

公園の南エリア駐車場に車を停め、春まちの丘を経由して中央エリアへと続く墳観橋を渡ります。そのまま左手へ下りて行くと梅林が広がっていました。

馬見丘陵公園の梅林

馬見丘陵公園に開花する白梅。

紅や白、ピンク色の梅が開花しています。まだ満開とまではいきませんが、十分に楽しめるタイミングでした。馬見丘陵公園の梅林には約120本もの梅が植えられているようです。

スポンサーリンク

カリヨンの丘近くに開花!石のベンチで寛ぐひと時

中央エリアにある梅林。

中央エリアとはいえ、南エリアと接する場所に梅の花は咲いています。ガイダンス施設の公園館からはかなり離れていますので、駐車場も南エリアを利用するのがおすすめです。

馬見丘陵公園の梅林

馬見丘陵公園の梅林。

ぽかぽか陽気のこの日は、数多くの見物人で賑わっていました。

馬見丘陵公園南エリア地図

馬見丘陵公園の地図。

梅林は示されていませんが、カリヨンの丘のすぐ近くです。

巣山古墳の反対側、公園内を横切る道路の右側に梅林はあります。そんなに広くはありませんが、道路に沿うように広がっていました。

馬見丘陵公園のカワヅザクラ

こちらは駐車場近くの春まちの丘(南エリア)。

おそらく河津桜でしょう。

早咲きの桜として知られますが、既に何輪か開花していました。

墳観橋と巣山古墳

道路を隔てる墳観橋(つかみばし)。

向こうに見えているのは、巣山古墳の前方部です。

梅林の道標

橋を渡って中央エリアへと入ります。

さっそく梅林の道標が出迎えてくれました。

馬見丘陵公園の梅林

この橋を渡り、右手に広がっているのが梅林のようです。

ここから見ても分かりますが、見頃はまだ先ですね。

馬見丘陵公園の紅梅

橋を渡って振り返ります。

深紅の梅ですね。

馬見丘陵公園の紅梅

細い枝の向こうに老夫婦の姿が見えます。

ベンチに腰掛け、語らいの時間を過ごします。

馬見丘陵公園の梅林

東屋もありますね。

梅林を縫うように、通路もきちんと整備されていました。

馬見丘陵公園の白梅

白梅のアップ。

梅は小さな花ですが、近寄ってみるとその美しさがよく分かります。

馬見丘陵公園の梅林

石のベンチが随所に置かれていました。

これならゆったりとした時間が過ごせそうです。

向こうに見えている覆い屋根は、移築された北今市1号墳の家形石棺ですね。

馬見丘陵公園の紅梅

馬見丘陵公園では、四季を通じて様々な花を楽しむことができます。

春のチューリップ、初夏の花菖蒲、真夏のひまわり、秋のダリア等々、見所がいっぱいです。早春の梅も楽しめるんですね。これはもう年間を通しての皆勤賞、穴が見当たりません。