チューリップの品種アントワネット@馬見丘陵公園

黄色と赤のツートンカラーが美しいアントワネット。

アントワネット(Antoinette)はチューリップの品種です。春爛漫の馬見丘陵公園(昨年度)に咲いていました。今年も3月半ばに差し掛かり、いよいよチューリップの開花が待ち遠しいですね。

馬見丘陵公園のアントワネット

馬見丘陵公園のアントワネット。

毎年開催されている馬見丘陵公園のチューリップフェアですが、その見頃は4月半ばでしょうか。気候条件にもよりますが、毎年4月10日前後が一番綺麗に咲いているものと思われます。アントワネットとは、これまた高貴な名前のチューリップですよね。

スポンサードリンク

赤い縁取りが鮮やかなアントワネット

赤い単色のチューリップ。

これが最も頭に思い浮かべられるチューリップの姿ではないでしょうか。チューリップといえば赤、一番スタンダードな立ち姿と言えます。ところが馬見丘陵公園へ足を運べば、約50万株ものチューリップが色とりどりに咲いています。形や色のバリエーションが豊富で、見ているだけで楽しくなります!

アントワネット

アントワネットの名札。

それぞれのチューリップの傍らには、その品種名が案内されています。札の左下には Color; yellow  red edge と記されます。red edge, つまり赤い縁取りを意味しています。赤と黄の見事なツートンカラーが見物客の目を引いていました。

馬見丘陵公園のチューリップ

公園内には休憩所やレストランも併設されています。

お花畑に囲まれながら、一日中チューリップを満喫することができます。

馬見丘陵公園のチューリップ

馬見丘陵公園のシンボル的建物ですね。

園内の案内所が設けられ、簡単なガイドを受けることができます。

地図をはじめとする資料も置かれていますので、馬見丘陵公園へ出向く際は訪れておきましょう。園内で観察できる野鳥も詳しく展示されています。立派な巣山古墳の模型もあり、古墳見学の予習が可能です。

馬見丘陵公園のアントワネット

真上に開くチューリップ。

この開き方がいいですよね、とても前向きで明るい感じがします。

馬見丘陵公園のアントワネット

アントワネットはまず黄色で咲き始め、次第にエッジに赤色が入っていくようです。

一つの茎から複数の花が咲く ”枝咲きタイプ” とされます。

馬見丘陵公園のチューリップ

こちらはウィスペリングドリーム。

直訳すれば、「囁きかける夢」?でしょうか。

そのネーミングもまた興味深いところです。命名者に聞いてみたいですね、その名前の由来を(笑)