桜井市の高田山口神社!暴れ亥の子

徳利塚古墳を見学するために訪れた桜井市の高田エリア。

目的地に辿り着く前に、まずは山の神を祀るという高田山口神社にお参りしました。

とても素朴な境内で、社殿は無く御神木や鳥居が残るのみです。12月の亥の子祭りで有名な神社ですが、高田寺という寺跡でもあります。

高田山口神社

高田山口神社の境内。

周りは竹林に囲まれ、隆起する木の根っこが勇ましい!

スポンサーリンク

暴れ放題で神霊を慰める!子供が主役の亥の子祭り

亥の子祭りのことは以前から聞いていましたが、実際に現地を訪れるのは初めてです。

以前までは高田山口神社も祭りの舞台でしたが、現在は集落の集荷場で行われているようです。伝統祭事の継承は、適宜形を変えながら連綿と受け継がれていきます。

高田山口神社

高田山口神社の鳥居。

石碑には金毘羅さんの名を刻みます。石鳥居の上手が中心エリアのようで、祭壇のような場所が設けられていました。辺りは水を打ったような静寂に包まれています。

亥の子祭り案内板

亥の子祭りの案内板。

山口神社の山の神に捧げたものを奪い合い暴れ回る子供の祭り。毎年12月の第一日曜日に行われる。

集落中の15歳までの男の子のある家が輪番で頭屋を営む。大頭屋と呼ばれる当屋で配膳について、すぐ膳をひっくり返したり、神棚の燈明を消したりした後に、真夜中に山口神社へ行き、引継ぎを行う。イノコアラシとの別称で、各地にみられる行事であるが、大和では珍しがられる子供神事である。今は集落の集荷場で行事を行っている。     桜井市教育委員会

イノコアラシ

現在は12月の第一日曜日に行われていますが、昔は旧暦の11月1日だったようです。

かつては亥の日に行われていたのでしょう。元来は旧暦10月の亥の日行事であったと伝わります。亥の子とは亥神のことで、田の神様に通じます。春に山の神が里に降臨して”田の神”となり、豊作を見守ります。そして秋になると再び山に帰って”山の神”となります。稲刈りの際、この田の神をお送りする行事こそが「亥の子祭り」なのです。

高田山口神社のアクセスルート

高田山口神社へと通じる道。

桜井市高田の集落を抜け、しばらく山道を進むと左右に道が分かれます。そこを左に取り、竹林の中を進んで行きます。

高田山口神社の参道

程なく坂道に付く手摺りが見えてきます。

その先に鳥居が見えますね。

高田山口神社

高田山口神社に到着です。

創祀年代は詳らかではありませんが、御祭神を大山祇神と仰ぎます。オオヤマツミノカミは山の神様ですね。

高田廃寺案内板

高田廃寺の案内板。

『続日本紀』天平宝字7年(763)10月丁酉(28日)の条や、保延6年(1140)に大江親通が著した『七大寺巡礼私記』にみえる高田寺は、この地に所在する遺構であろうと推定されている。

寺跡は、塔跡と考えられている土壇がわずかに残る。付近には、破壊された礎石のほか、古瓦片が散布している。出土瓦の多くは、奈良時代前・後期の軒丸瓦・軒平瓦である。

瓦の破片が散らばっているとのこと、宝探しのように探してみたくなりますね。

高田山口神社

鳥居から上手に上がると、手水と思しき石が出迎えてくれます。

まるで血管のように浮き出た文様。天香具山の中で見た「蛇つなぎ石」を思い出します。雨乞いの石だったと記憶していますが、豊作を願う暴れ亥の子にも通じるものを感じます。

高田山口神社

向こうに石燈籠が二基建っています。

その真ん中に土壇のようなものが確認できますね。

高田山口神社

手水石から振り返り、下手の鳥居を見下ろします。

竹林の隙間から太陽光が降り注ぎ、とても清潔感のある境内です。

高田山口神社

おそらくここが高田山口神社の心臓部なのでしょう。

石組みの結界の向こうに、小石がたくさん積まれています。

高田山口神社

御幣のような棒が倒れかけています。

花生けに刻む印はお寺の卍でしょうか。

高田山口神社の御幣

やはりこれは幣(ぬさ)でしょう。

御幣自体は新しいのですが、しばらくの間放置されているのかもしれません。

高田山口神社の瓦片

その近くに瓦がありました。

高田廃寺のものでしょうか。苔生した瓦片に時間の経過を感じます。

高田山口神社の祭壇

おそらく”祭壇”でしょう。

日本各地で行われるおんだ祭などでも、よく”牛”が暴れ回ります。より激しく暴れ回った方が豊作になると言います。高田の亥の子祭りも同じで、子供たちが御膳や汁桶をひっくり返し、山口神社の神霊を祭る御仮屋の道具を奪い合い、挙句の果てには御仮屋を破壊してしまいます。

高田山口神社

金比羅石碑の背後に回ります。

決して広くない境内ですが、原始的な雰囲気を漂わせる神社です。

高田山口神社

高田山口神社の帰り道。

この坂を下って、徳利塚古墳を目指します。

大和国の式内社で「山口」の社名を有する神社は全部で十四あるそうです。高田山口神社は大和国十四所山口神社の一つとされます。立地的にも山の入口に当り、山と深い関わりを持ち続けています。