アオハタの姿造り

新鮮なアオハタが入荷しました。

アオハタはとても美味しい白身ですが、少し寝かせるとさらに旨味が増します。今回も鱗やエラ、内臓を取り出して2日間冷蔵庫で寝かせました。

アオハタの姿造り

アオハタの姿造り。

寒ブリやびんちょう鮪、イクラも盛り込みます。

ハタ科の魚らしく、大きい口をしています。口を開け、しばらく爪楊枝で固定しておきました。

キアラの煮付け!黄色いハタ
新鮮なキアラ(アオハタ)が入荷しました。 刺身で頂けるほどの鮮度でしたが、その半身を煮付け料理にします。厚みのある皮がゼラチン質にほどけ、とても美味しく頂くことができました。 キアラの煮付け。 玉葱の甘味も加わり、...

スポンサーリンク

ラムシン!濃厚な希少部位の赤身肉

アオハタの入荷日に、牛肉の希少部位も購入することができました。

その名も「ラムシン」。

美味しい赤身肉で、ランプ(臀部)の芯に当たる希少部位です。

アオハタの姿造り

”さざ波胡瓜”を添え、棲息する岩礁域を表現します。

アオハタはハタ科の中では割と小振りです。姿造りにはちょうどいいサイズかもしれません。

牛肉希少部位ラムシン

希少部位のラムシン。

牛一頭を400kgとすると、わずか2kgしか取れない希少価値の高い肉です。

とても柔らかく、強い旨味を感じることができました。