藤原宮跡の桜と菜の花!春の絶景に万葉歌碑

毎年楽しみにしている藤原宮跡の絶景。

ピンクとイエローに染まるお宮跡は、春の風物詩として定着した感があります。3月末から4月初旬にかけて繰り返される光景ですが、もうすっかりお馴染みとなりました。

耳成山と菜の花畑

桜と菜の花畑、その向こうに耳成山を望みます。

結婚式のロケーション撮影でも人気のようで、婚礼衣裳を着たカップルがポーズを取っている姿を見かけます。ここは大和三山に囲まれた風光明媚な場所で、春のピクニック気分が味わえます。お弁当を広げても面白そうですね。

スポンサーリンク

天香具山を詠った持統天皇の万葉歌碑

藤原宮跡の春ゾーンに広がる桜と菜の花の競演。

醍醐池の周りにも多くの桜が開花していました。醍醐池の北西隅には観音様が祀られていますが、南東隅に万葉歌碑があることを今回初めて知りました。

桜と菜の花の競演を楽しむ藤原宮跡
2018年度の今年も、藤原宮跡の花の競演を楽しんで参りました。 醍醐池の北に広がる藤原宮跡の春ゾーンで、満開の桜と菜の花の競演が今も続いています。 藤原宮跡の桜と菜の花。 菜の花畑の向こうに見えている山は、大和三山...
藤原宮跡の菜の花と大和三山
藤原宮跡の醍醐池北側に広がる菜の花畑。 藤原宮跡のお花畑はつとに有名で、夏の蓮や秋のコスモスは既に堪能させて頂きました。春に咲き誇るという桜や菜の花はまだ見たことがなかったのですが、今回初めて訪れてみることに致しました。 ...

桜と菜の花

幹からにょきっと開花しています。

お互いに示し合わせたかのように同時期に咲く桜と菜の花。その色合いも相まって、これ以上に無い風景が演出されます。

醍醐池と桜

醍醐池の周囲に開花する桜。

ほぼ満開と言っていいでしょう。

藤原宮跡発掘調査と畝傍山

藤原宮跡の発掘調査現場。

その向こうには、大和三山の一角・畝傍山を望みます。

さすがは藤原宮跡ですね、常にどこかで発掘調査が進められている印象です。

醍醐池周辺

桜のトンネルの下を人々が行き交います。

この辺りは既に散り始めており、ちらほら葉桜も見られました。

持統天皇万葉歌碑

持統天皇の万葉歌碑。

醍醐池の南東隅にひっそりとありました。

710年の平城京よりも前に造営された藤原京。女帝の持統天皇が694年に築き上げたお宮です。これは天香具山を詠った有名な万葉歌ですね。

持統天皇万葉歌

碑文は大阪大学名誉教授の犬養孝氏によります。

春過ぎて夏来るらし白妙の・・・学生時代に暗記した記憶が蘇ります。

畝傍山

畝傍山の方を望みます。

一直線に桜の木が並んでいますが、この道を辿ると「藤原京資料室」前の駐車場へ続いています。

醍醐池の観音像

醍醐池北西隅に建つ観音像。

観音像から北東方向に菜の花畑が広がっています。

藤原宮跡の桜

降り注ぐように桜が咲いています。

高低差もあり、よりダイナミックな咲きっぷりですね。

藤原宮跡の桜

おや?

これは枝を切った跡でしょうか。フェンスにめり込んでいる様子が分かります。締め付けられた太い枝が痛々しいですが、やむを得ない処置だったのかもしれません。

藤原宮跡の桜

こんな感じ。

なんだか空間アートを見ているようです。

藤原宮跡の桜

もうすぐ散ってしまうであろう桜。

儚さゆえの美しさ。

藤原宮跡の桜

醍醐池の方へも張り出していました。

縦横無尽に枝を伸ばし、その生命を謳歌しています。

藤原宮跡の桜

例年より人出が少ないとは言え、春の陽気に誘われて人々の声がこだまします。

菜の花畑からは、ほのかに”春の匂い”が上がってきました!

藤原宮跡の桜

桜はほぼ無臭でしょうか。

菜の花の独特の匂いは鼻腔を刺激し、冬の間眠っていた細胞が起こされるような気がします。

三輪山と桜

北東方向には三輪山を遠望。

神山・三輪山を拝せるのも、藤原宮跡の観光ポイントの一つです。

耳成山と菜の花

こちらは北方の耳成山。

大和三山の中でも距離的には一番近いでしょう。天香具山も割と近いですが、畝傍山は藤原京からかなり遠方です。畝傍山の麓には初代神武天皇陵があり、神武天皇を祀る橿原神宮が控えています。天皇ゆかりの場所がたくさん存在するのも、奈良県ならではですね。

菜の花畑

ほぼ同じ背丈の菜の花群ですが、数本だけ上空にすーっと伸びています。

風にゆらゆら揺れて、安定が悪そうでした。

藤原宮跡の菜の花畑

きっと青空との対比もいいんでしょうね。

青色にピンクに黄色と、お互いの色が重なり合います。そこに雲の白色も交じって、自然界の織り成す”塗り絵”にハマってしまいました。

藤原宮跡の桜と菜の花

絶景ですね。

広大な敷地があるからこそ、花々の競演が楽しめるのかもしれません。

大都会のど真ん中では成し得ない舞台演出です。「何も無い奈良県」と揶揄されることもありますが、何も無いことがかえって吉と出ることもあります。