長弓寺紫陽花と国宝本堂@生駒市上町

奈良県生駒市にある長弓寺(ちょうきゅうじ)。

長弓寺は桜の名所ですが、訪れた初夏には紫陽花の花が咲いていました。

長弓寺本堂と紫陽花

長弓寺本堂と紫陽花。

長弓寺の本堂は鎌倉時代の建立で国宝に指定されています。

創建は天平年間に遡り、聖武天皇の勅願により行基が建立したと伝わります。聖武天皇の弓を材料に、本尊十一面観音の頂上仏面を彫刻して創建されました。そこには長弓寺創建の悲しいエピソードが残されています。

スポンサードリンク

まゆみの鐘と長弓寺創建悲話

富雄の豪族であった真弓長弓(まゆみたけゆみ)

子の長麻呂を連れて聖武天皇の鳥狩に従っていました。

狩りの最中、鳥を追い出していたところ長麻呂の矢に当たって絶命します。その悲運な最期を嘆いた天皇が、行基に命じて長弓寺が創建されたと伝えられます。

長弓寺本堂

檜皮葺の屋根のラインが美しい長弓寺本堂

優美に描かれた曲線は、今にも天空に舞い上がりそうな雰囲気を醸し出します。

長弓寺の紫陽花

長弓寺に開花する紫陽花。

ボリュームを感じさせる八重咲きの紫陽花ですね。

長弓寺の鐘

長弓寺の鐘の向こう側に国宝の本堂が見えます。

長弓寺の山号 「真弓山」 から、”まゆみの鐘” と呼ばれています。

長弓寺本堂

長弓寺の本堂は、正面5間・側面6間の入母屋造り。

棟木にある墨書銘より弘安2年(1279)の建立であることが分かっています。

本尊の木造十一面観音立像(平安時代)と黒漆厨子(鎌倉時代)は重要文化財に指定されています。

長弓寺本堂

願い事を叶えてくれる珠と言われる宝珠(ほうじゅ)に似せた擬宝珠(ぎぼし)。

橋の欄干にはよく見られますよね。その向こう側に本堂が見えてきました。屋根のみならず、和様を主体に大仏様、唐様が混用された細部も実に立派な本堂です。

長弓寺周辺の紫陽花

長弓寺は富雄から学園前へ抜ける道の脇に佇みます。

この道を進んで行けば、学園前につながっています。

長弓寺地蔵堂と紫陽花

地蔵堂と紫陽花。

長弓寺創建に語り継がれる悲しい逸話。

聖武天皇の従者・小野真弓長弓が、子の長麻呂の矢に当たって絶命、長麻呂はこれを悔いて出家したといいます。長弓寺の近くには、”長弓の墓” と伝えられる真弓塚があるようです。

長弓寺の国宝本堂

今は立派な姿を見せる本堂ですが、昭和9年の室戸台風によって大破した歴史があります。

修復費用を捻出するため、長弓寺の三重塔が売却されたお話は有名ですよね。

東京のグランドプリンスホテル高輪の庭園にある三重塔の初層は、まぎれもなくここ長弓寺にあったものなんです。

長弓寺の駐車場は無料。

拝観料は志納(200円以上)となっています。