重文の宝篋印塔!生駒市の円福寺

生駒谷を見下ろす山腹に円福寺(えんぷくじ)というお寺があります。

行基の墓が眠る竹林寺を過ぎ、細い道を縫うように車で登って行くと、右手の高台に円福寺が見えて参ります。

円福寺本堂と宝篋印塔

円福寺本堂(重要文化財)。

鎌倉時代創建の本堂の前に、二基の宝篋印塔が並びます。

お寺の住所は生駒市有里町(ありさとちょう)で、宗派は真言律宗に属しています。

スポンサードリンク

大和北部八十八箇所霊場第36番札所

龍華山(りゅうげさん)円福寺の創建は天平勝宝年間(749~757年)と伝わります。

開基は行基とされますが、定かではないようです。円福寺の近くには行基の墓所・竹林寺があります。数年前に喜光寺にお参りして知りましたが、行基が入寂したのは喜光寺です。行基の遺言に従い、弟子たちは生駒山東陵で荼毘に付して墓を築きます。行基の像を往生院に祀り、竹林寺奥院と号したようです。

八十八カ所霊場の札所にもなっているんですね。

円福寺本堂

鎌倉時代の伝統を受け継ぐ和様建築の本堂。

本堂内には、ご本尊の阿弥陀三尊像と十一面観音立像が安置されています。

円福寺本堂と蓮の蕾

円福寺の蓮。

つぼみの状態の蓮って、とても綺麗ですよね。

宝篋印塔の石仏

2基の宝篋印塔(ほうきょういんとう)の間に、ちょこんと小さな石仏が座っています。

かわいらしい姿に思わずニンマリ(^-^)

生駒谷の風景

生駒谷を悠然と見下ろす高台に位置する円福寺。

眼下に広がる風景も見所の一つとなっています。

円福寺本堂

円福寺の蓮の葉。

緩やかな勾配の本瓦葺の屋根が映えます。本堂は寄棟造のようですね。

円福寺宝篋印塔

重要文化財に指定されている円福寺の宝篋印塔

高さはおよそ2.5mほど。

二基とも鎌倉時代のもので、南側の塔には四方四仏が刻まれ、北側の塔にはそれを一字で表した梵字(種子しゅじ)が刻まれています。

円福寺駐車場

円福寺は生駒市の長弓寺と同じく、真言律宗の寺院です。

公共交通機関でのアクセスは、近鉄生駒線一分駅下車徒歩20分となっています。

拝観料は志納で、駐車場(かなり狭い)も無料解放されています。

Tags: