冬が旬!魴鮄の姿造り

海底を歩く魴鮄(ほうぼう)。

胸びれの軟条を使って、海底を這うように移動します。淡白な白身で、新鮮なホウボウは刺身にして頂くのがオススメです。

魴鮄の姿造り

魴鮄の姿造り。

四角い頭に鋭い目!胸鰭を広げて海底を滑空する姿を再現します。

魴鮄の手前の飾り切りは、紅くるり大根の菊花と松もろ胡瓜です。アントシアニンの含有量が青首大根の3倍と言われる紅くるり大根。健康野菜でありながら、見た目も華やかですね。

ホウボウの姿造り
晩秋から冬にかけて旬を迎えるホウボウ。 「這う魚」として知られ、方々歩き回るところからホウボウと名付けられたようです。 カサゴ目ホウボウ科に属する魚で、その白身は鯛にも匹敵するぐらいの美味しさです。 ホウボウの姿造...

スポンサーリンク

ホウボウの焼霜造り!寒ブリや鰺と盛り合わせ

今回の姿造りには、寒ブリや鰺、栄螺なども盛り込んでみました。

以前にもホウボウの姿造りをお出ししましたが、見せ方を少し変えてみました。頭を水平に、開いた胸鰭を見せる格好で盛り付けます。

魴鮄の姿造り

やはりこの方がいいですね。

ホウボウの特徴を活かした盛り方です。

背側に皮を引いたホウボウ、腹側には皮付きのまま炙った焼霜造りを並べます。

三重県磯部産伊勢海老

箱を開けた途端、飛び出してきた伊勢海老!

三重県磯部産の伊勢海老です。ホウボウの旬は冬ですが、伊勢海老も秋から冬にかけて出回ります。

ホウボウの姿造り

青緑色をしたホウボウの胸ビレ。

このままほぼ海底と水平に滑空します。

トビウオやアイナメにも言えることですが、胸びれの大きい魚は姿造りに向いています。ホウボウにはキミウオという別名もあるようです。魚の名前には地方色があり、興味深いですね。