紫人参のパープルパープル!アントシアニン豊富

個室宴会の予約が入っていた当日、珍しい紫色の人参が入荷しました。

名前をパープルパープルと言うんだそうです。以前に黄色い人参を使ったことがありますが、紫色の人参は初体験でした。

紫人参パープルパープル

パープルパープルを花形に飾り切りにします。

綺麗ですね。

芯の部分が鮮やかな黄色です。濃い紫色とのコントラストが実によく映えます。

スポンサーリンク

糖度10度以上!カロチンも豊富なパープルパープル

紫人参の皮をむいていると、包丁や手、それに俎板にまで紫色の色素が付いてしまいました。

慌てて新聞紙を用意し、新聞紙の上でカットすることにしました。調理の途中で食材の色素が手に付いてしまったのはビーツ以来かもしれません。

紫人参パープルパープル

普通の人参との色の違いは明らかです。

紫人参はとても甘く、糖度10度以上を誇ります。普通の人参に比べてカロチンの含有量は2.5倍、抗酸化作用が期待できるアントシアニンに至っては28倍にも及びます。

これは健康野菜の極みですね。

古代米とおからの稲荷寿司

こちらは宴会の席にお出しした古代米とおからの稲荷寿司。

かなり巨大です(笑)

大きくて厚めのお揚げさんを使い、酢飯の味をまとわせた古代米とおからを詰めています。

大和真菜と大和麩の古代チーズグラタン

大和まなと大和麩の古代チーズグラタン。

あとはパン粉をかけてオーブンで焼けば出来上がりです。

紫人参パープルパープル

日本では赤い人参がよく出回っていますが、ヨーロッパでは紫色の人参もそう珍しくはないようです。

5,000年前には既にアフガニスタンに存在していた種類なんだそうです。今回入荷した紫人参は、皮と果肉が紫色で、芯の部分だけが黄色でした。

その一方で皮は紫色なのだけど、果肉が黄色に近いオレンジ色をしたパープルスティックという品種もあるようです。

パープルパープルは生で食べるのが一番です。

加熱すると、せっかくの綺麗な色が抜け落ちてしまいます。他の食材を紫色に染める目的なら加熱してもいいと思いますが、鮮やかな色合いを楽しむならサラダなどの生食がおすすめです。