ミスジのローストビーフ

牛肉希少部位のミスジ。

牛一頭から2~3kgしか取れない貴重な肉です。

木の葉状の断面が特徴で、3枚の筋が入っていることからミスジと呼ばれています。

ミスジのローストビーフ

ミスジのローストビーフ。

赤身と脂肪分のバランスが良く、適度にサシが入ったミスジ。火を通し過ぎないように注意しながらローストビーフに仕上げてみました。

牛肉部位のマルシン
牛もも肉の中心に位置するマルシン。 柔らかい赤身肉として知られる希少部位です。 霜降り肉がもてはやされる中、美味しい赤身肉は貴重ですよね。 国産牛肉のマルシン。 牛肉の部位にも色々あって、タン、ザブトン、ミス...

スポンサーリンク

融点の低いミスジ!牛の肩甲骨の裏側

ミスジは体のどの部分に当たるのでしょうか。

人気の部位は概ね柔らかいのが特徴です。

柔らかいということは、あまり動かさない部位ということになります。実はミスジは肩から腕にかけて、肩甲骨の裏側にあります。一見運動量が多そうにも思えますが、静かに守られている部位と言えるでしょう。

希少部位ミスジ

ミスジ。

肉の断面に筋が見えますね。

とても柔らかいお肉で、口の中でとろけます。食肉の脂肪が溶け始める温度を「融点」と言いますが、ミスジの融点は低く口の中で溶け始めるのです。

会席料理

伊勢海老やミスジを使った会席料理が並びます。

以前、食肉市場で「ヒウチ」という希少部位を見かけましたが、どうやらヒウチはバラからさらに内モモ寄りの肉のようです。

希少部位のヒウチ!霜降り肉
牛肉希少部位のヒウチが入荷しました。 牛一頭から1kgほどしかとれない貴重なお肉です。サシの入りが素晴らしく、サーロインにも匹敵する霜降り具合いです。 希少部位のヒウチ。 ミスジやイチボよりも、霜降りレベルは上では...

ミスジのローストビーフ

肉の断面に筋が入っているなんて面白いですね。

硬そうなイメージですが、口の中では全く別の世界が展開します。

希少部位ミスジ

上品なサシが旨そうです。

ほんのわずかしか取れない希少部位ということで、有難味も増します。

ミスジのローストビーフ

様々な部位に注目が集まります。

食肉業界にとっても、嬉しい話ではないでしょうか。マーケティング的にも理に適っているのでしょう。食肉を十把一絡げにして売り出すより、小分けにして希少価値を生み出します。

希少部位ラムシン

こちらは同じく希少部位のラムシン。

ランプ(臀部)の芯に当たるお肉です。ラムシンも柔らかくて美味しいですよ!