牛肉希少部位のザブトン

牛肉の希少部位ザブトン。

サシの入った身はとても柔らかく、得も言われぬ味わいです。

ザブトンは肩ロースのあばら骨側にあり、牛一頭から数kgしかとれない希少部位の一つです。今回はザブトンをレア焼きのローストビーフにしてみました。しっとりした舌触りで、脂肪の甘味を堪能することができました。

牛肉希少部位のザブトン、ミスジ

牛肉の希少部位、ザブトンとミスジ。

手前がザブトンで、向こう側がミスジです。

なんだか本当に座布団のような形ですね。肩ロースの内側にある肉ですので、あまり動かさない部位なのかもしれません。まるでチーズのような口溶けを楽しみます。

ミスジのローストビーフ
牛肉希少部位のミスジ。 牛一頭から2~3kgしか取れない貴重な肉です。 木の葉状の断面が特徴で、3枚の筋が入っていることからミスジと呼ばれています。 ミスジのローストビーフ。 赤身と脂肪分のバランスが良く、適...

スポンサーリンク

別名ハネシタ!極上の霜降り肉

ザブトンには別名があって、ハネシタとも呼ばれます。

最上の霜降り肉の一つで、サシの入ったとても美味しい肉です。

牛肉希少部位のザブトン、ミスジ

厚さもちょうどいいですね。

腕肉の上部に位置するミスジも柔らかく、希少部位の有難さを感じます。

ザブトンのローストビーフ

他にも肉料理をお出ししていたので、小振りにカットして供します。

手前のお皿で言うと、一番左はミスジで、右2枚がザブトンです。さすがにカロリーは高そうですが、少量なのでOKとしましょう。アスパラ菜と赤ピーマンを添えます。

無農薬栽培アスパラ菜

アスパラ菜。

無農薬栽培のアスパラ菜で、季節の野菜ですね。

猪肉

猪のもも肉。

シシ肉には少々獣臭さがありますが、湯霜などの作業で取り除きます。豚肉に比べると少し硬めですが、脂肪は淡白で味わい深いです。ジビエ料理の盛んなフランスでは、猪肉のことを sanglier(サングリエ)と呼んでいるようです。

胡桃

香ばしい胡桃(くるみ)。

改めてよく見てみると、人体の一部と相似形のような気がしてきますね。

牛肉希少部位のザブトン、ミスジ

牛肉にも色々な部位があります。

牛一頭は巨体です。鶏や豚に比べても、可食部分は多いわけです。サーロインやヒレのみならず、様々な部位を食べ比べてみるのも面白いでしょう。