牛肉部位のマルシン

牛もも肉の中心に位置するマルシン。

柔らかい赤身肉として知られる希少部位です。

霜降り肉がもてはやされる中、美味しい赤身肉は貴重ですよね。

牛肉部位マルシン

国産牛肉のマルシン。

牛肉の部位にも色々あって、タン、ザブトン、ミスジ、カイノミ、フランク、イチボ、トモ三角・・・と数えだしたらキリがありません。昨今は希少部位に対する評価も上がっているようで、普通にスーパーでも購入できるようになりました。

スポンサーリンク

内もも下部のマルシン!旨味の強い希少部位

牛の体を思い浮かべると、ちょうど後ろ脚の外もも上部に付いているのが”内もも肉”です。

内もものさらに内側が、トモ三角やマルと言われる部位になります。大きくカテゴライズすると、トモサンカクは”マルの一部”で綺麗な霜降りが特徴です。マルにも霜降りが見られますが、そのほとんどは赤身です。もも肉全体の中心にあり、特に球状をした赤身肉のことをマルシンと呼んでいます。

襖絵

廊下沿いの襖絵。

季節の草花を描いた、昔ながらの布貼り襖です。

牛肉部位マルシン

赤身肉なのに柔らかい。

しかも、強い旨味を感じます。

今回はステーキにしてみましたが、どんな料理にも合うでしょう。マルシン、これはおすすめの希少部位です。