奈良博の伽藍神立像!寺のお目付け役

いよいよ大詰めを迎えた奈良国立博物館の「奈良博三昧」。

数ある奈良博(ならはく)コレクションの中でも選りすぐりの優品が展示されています。夏休み前からの開催で、今週末で終了です。一番の目玉はやはり、走り大黒とも称される伽藍神立像(がらんしんりゅうぞう)でしょう。

奈良国立博物館の伽藍神立像

奈良国立博物館に展示される伽藍神立像。

動きのある木造立像です。

彩色も施されているようで、鎌倉時代の作とされます。

仏像修理模型!奈良国立博物館
特別展が催されている奈良国立博物館。 なら仏像館(本館)と東新館をつなぐ地下回廊に、仏像修理の模型が展示されていました。 背中がパックリ。 頭の螺髪(らほつ)もまだ作業途中のようですね。

スポンサーリンク

禅宗寺院に祀られる伽藍神

人間味あふれるお姿です。

普通仏像と言えば、静かに印を結んで瞑想する姿を思い浮かべます。ところが、この伽藍神は手に何かを持ちながら走り出そうとしています。像高は56.3cmですから、そんなに大きな仏像ではありません。表現が豊かなせいか、実寸よりも大きく見えます。

奈良博三昧・至高の仏教美術コレクション

『奈良博三昧~至高の仏教美術コレクション~』開催中の奈良国立博物館。

明治28年(1895)に国内2番目の国立博物館としてスタートしました。

今回の特別展では写真撮影が許可されています。フラッシュ撮影や自撮り棒、三脚、動画撮影などは禁止されていますが、SNSなどへの投稿は可能なようです。

奈良国立博物館の伽藍神立像

台座もちゃんと付いていますね。

「走り大黒」の通称で親しまれてきたようです。

当初は”伽藍神”とは捉えられていませんでした。確かに素人目には大黒さんに見えますね。今から10年ほど前に、このようなポーズをとる像が禅宗寺院などに祀られる伽藍神だと判明しました。

修行を怠る者を懲らしめるため、釘と槌を持って走り回る姿が彫り込まれています。「お寺の見回り役」と奈良博のパンフレットにも案内されていました。

奈良国立博物館の伽藍神立像

全方位から見学できます。

かつての仏像拝観は、正面からのみということが多かったような気がします。

時代が進み、様々な展示法が工夫されるようになりました。このアングルから見る伽藍神立像は、より疾走感が感じられます。360度色んな角度から眺めながら、怯えていたであろう修行僧の姿を想像します(*^^)v