タグ: 広陵町観光

箸尾の町並みに見る卯建

「うだつが上がらない」という言葉。 その語源にもなった卯建(うだつ)ですが、箸尾の町並み散策で見かけました。 本来は「梲(うだち)」と書くようです。町家の妻壁の横に張り出した袖壁のことを意味します。ウダチが転じてウダツと […]
Read More

蓮如上人開基の箸尾御坊

広陵町萱野にある箸尾御坊を訪れました。 「箸尾御坊」は通称で、浄土真宗大谷派の教行寺(きょうぎょうじ)という寺院。蓮如上人が開いたお寺で、江戸時代末期に再建された本堂が実に立派でした。近鉄箸尾駅から南へ徒歩7~8分でアク […]
Read More

長谷寺式十一面観音!広陵町の大福寺

広陵町的場の大福寺にお参りして来ました。 聖徳太子建立と伝わるお寺です。 県道14号線から北へ入って行くのですが、少々分かりづらい場所にありました。駐車場も完備されていませんので、徒歩で向かわれることをおすすめします。 […]
Read More

桜御坊!新家長福寺@広陵町三吉

奈良県指定史跡の三吉石塚古墳を見学後、広陵町立図書館へ立ち寄りました。 その足で、東へ少し進むとお寺があることに気付きます。 真宗大谷派の新家長福寺(しんけちょうふくじ)です。 新家長福寺本堂。 本堂前に咲いているのは松 […]
Read More

竹取物語と讃岐神社

奈良県北葛城郡広陵町に「竹取物語」ゆかりの神社があります。 神社の名前を讃岐神社と言います。かの有名な竹取物語(平安時代)は、讃岐神社の讃岐造(さぬきのみやつこ)をモデルにして書かれたと言い伝えられます。 讃岐神社の鳥居 […]
Read More

広陵町の南郷環濠集落

環濠集落が数多く残る奈良県内。 広陵町役場の南方にも、南郷環濠集落というエリアが残されています。 濠を巡らした南郷環濠集落。 はるか戦国時代、大和国には強力な支配者が居なかったと言います。強盗や略奪が日常的に横行する中、 […]
Read More

与楽寺の十一面観音檀像

広陵町の与楽寺(ようらくじ)に珍しい形をした十一面観音様がいらっしゃいます。 その名を十一面観音檀像と言います。 弓の材料にもなるという檀(まゆみ)の木で作られた仏像です。像高わずか31㎝で、コンパクトサイズの可愛らしい […]
Read More

広陵町の百済寺三重塔

意外と知られていない百済寺三重塔。 鎌倉時代中期に建立された国の重要文化財で、その規模は相輪高8.39m、全高23.27mを誇ります。 見目麗しい百済寺三重塔。 塔の右手に鳥居が見えていますが、この三重塔は春日若宮神社の […]
Read More